10得点の大量得点[ベイスターズ戦]【2回戦】

2022年・公式戦
スポンサーリンク

スコア

L 10 – 5 B


123456789
ベイスターズ000020030593
ライオンズ02800000×10141
責任投手
勝利投手平井克典3勝3敗
敗戦投手上茶谷大河2勝5敗
セーブ
本塁打
ベイスターズ戸柱恭孝(2号・ソロ)
ライオンズB.オグレディ(4号・2ラン)、山川穂高(16号・2ラン)
バッテリー
ベイスターズ上茶谷大河、宮國椋丞、三上朋也、入江大生 – 戸柱恭孝、山本祐大
ライオンズ平井克典、宮川哲、B.タカハシ、十亀剣、森脇亮介 – 森友哉、柘植世那

ベイスターズ

打撃成績

安打=赤文字、打点=太文字

守備位置選手名打数得点安打打点三振四球死球犠打盗塁失策本塁打1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(左)佐野恵太50120000000左邪飛左飛二ゴロ一ゴロ右2
(遊)柴田竜拓41100100000左飛四球左安二直左邪飛
(三)宮﨑敏郎40100000010中飛遊ゴロ中安遊ゴロ
知野直人10000000000二ゴロ
(ニ)牧秀悟30000110000四球遊ゴロ死球三ゴロ三ゴロ
(指)N.ソト40210000000三併打遊安投安右失
走指蝦名達夫11100000000中安
(一)倉本寿彦50001000010一ゴロ空三振左飛右飛右飛
(中)関根大気31000010010右飛投ゴロ左飛死球
(捕)戸柱恭孝11110100001四球右本
山本祐大10110000000中安中犠飛
(右)宮本秀明31101100000右安三ゴロ空三振四球
投手成績
選手名投球回投球数打者被安打被本塁打奪三振与四球与死球失点自責点
上茶谷大河2.2922092230108
宮國椋丞1.13383000000
三上朋也344122021000
入江大生1730000000
スポンサーリンク

ライオンズ

打撃成績

安打=赤文字、打点=太文字

守備位置選手名打数得点安打打点三振四球死球犠打盗塁失策本塁打1回2回3回4回5回6回7回8回9回
(三)呉念庭42210100000四球中安
中安
二ゴロ三飛
(ニ)外崎修汰30001200000空三振右飛
四球
二ゴロ四球
走ニ山野辺翔00000000000
(中)愛斗50100000000三ゴロ右飛
投安
三直遊飛
(一)山川穂高51122000001空三振中本
三失
空三振右飛
熊代聖人00000000000
(捕)森友哉41200000000投ゴロ左安
中飛
中2
柘植世那10000000000右飛
(指)栗山巧52301000000右安右安右安見三振遊飛
(左)B.オグレディ32120100001右本四球中飛中飛
川越誠司10000000000二ゴロ
(右)岸潤一郎41230000010二ゴロ中3左安二飛
(遊)滝澤夏央31110000000二ゴロ一安遊ゴロ
山田遥楓10100000000左2
投手成績
選手名投球回投球数打者被安打被本塁打奪三振与四球与死球失点自責点
平井克典587246113122
宮川哲11741010000
B.タカハシ1730000000
十亀剣0.21861001130
森脇亮介1.11451000000

ダイジェスト

感想

10得点の大量得点

2回裏にB.オグレディの2ランHRで先制をして3回裏に山川穂高の2ランHRから始まって1イニングで8得点の猛攻でした。

打って得点したいうよりかはベイスターズのミスで点を貰ったと言うのが正しい表現ですかね。

岸潤一郎の3点タイムリースリーベースはセンター関根大気のミスですし、呉念庭のタイムリーヒットもセンター関根大気のミスです。

ミスと言っても安打の方は確実で打点の方が関根大気のおかげですね。

ベイスターズファンはブチギレてるでしょう。

気持ちは分かります。

平井克典は5回まで2失点

平井克典は5回まで2失点の好投でした。

これだけの援護が有れば楽に投げられたでしょう。

十亀剣が3失点

岸潤一郎のエラーでランナーを出したとはいえ3失点は駄目でしょう。

今季はあまり良く無いです。

佐々木健が万全になったら入れ替えて欲しいです。

大量得点の次の試合

大量得点の次の試合はあまり得点が出来ないと言われているのでちょっと心配してます。

コメント 名前くらいは入力して欲しいです。

  1. 明日取れるかどうかまでは持ってきましたね。しかしベイスターズの守りの酷さは、ライオンズにも負けてないレベルで少し驚きました。関根のよりも宮崎のは連鎖だったのか、もう気持ちが切れてるプレーだなあと、パ・リーグではあそこまで守備がひどいチームは無いので新鮮でした。

    気になったのは、山野辺と岸のあわやの接触プレーですね。昔、浅村と木村が激突してましたが、栗原の例もあるように用心してほしいですし、山野辺を守備固めで使うのは非常に怖いです。

    また十亀ですが、いつ出てきても打たれているので、今季は調子出るまで2軍がいいかと思います。眠っている相手の打線に火をつけることが結構多いですし、ファームで本田の後釜で先発調整のほうがいいかと思います。また来季以降も予算が厳しい状況だとすると、貢献はした選手ですが、十亀の給料でファームの選手が5人近くは雇えるはずです。使い所がなくなってる現状を本人も自覚して頑張って欲しいです。

    • 十亀剣は先発が出来るのか?という問題が有りますよね。
      選手同士の衝突やお見合いは基本的に声の出し合い不足ですよね。
      それに今季かから観客制限が解除されたので声が聞こえないという事も有るのでしょう。
      去年のような声の出し方では駄目だという事です。

    • 岸選手のエラーは少々可哀想な気がします。優先権は岸選手にあるはずですし、山野辺選手が出しゃばりすぎです。故障回避の為に減速するしか無かった訳です。

      昨季在籍したスパンジェンバーグも選手もなまじ足が速い故に他の選手の守備範囲に入り込み邪魔をしてきました。声の掛け合いの問題もありますが、山野辺選手の出しゃばりが原因でしょう。

      守備に不安のある山野辺は守備固めというより、外崎選手を休ませて経験を積ませるために起用したのでしょうが、これではこういった場面で起用するのも不安になってしまいます。

      関根選手の緩慢さは敵ファンですが腹が立ちました。敵の振り見て我が振り直せで今日も勝って欲しいですね。

      • 関根大気も岸潤一郎の打球はアウトにしようとしての守備なので可哀想な面も有ります。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました