西川愛也が別人のような体の大きさに

二軍

西川愛也が二軍戦で代打本塁打を打ちました。

復帰の打席でした。

驚きだったのは体が別人のように大きくなっていた事です。

そして打撃フォームもシンプルになってます。

故障している間に何が有ったのでしょうかね?

肉体改造はオフからやってた事なので継続していた結果なのでしょうけども打撃フォームもわ変えるとは思ってませんでした。

打撃フォームを頻繁に変える選手でしたけども良い方向性だと思います。

このまま結果が出続けるとフォームを変えないと思うので結果が出て欲しいですね。

コメント

  1. YOSHIKI より:

    以前の神主打法は完全に止めたようですね。右大胸筋の古傷の問題があり、センター、ライトは厳しいですが、栗山の後継レフトとして台頭して欲しいです。去年から肉体改造していた様ですが、故障を気にさらにパワーアップしたなら朗報です。後輩の日本ハム・野村佑希内野手が大器の片鱗を見せているだけに、打撃センスが上回る西川愛也選手の活躍を望みます。

    西川選手の問題はスローイングと怪我の多さです。スローイングは内野のカットマンに正確に返せる程度で良いので、打撃で一軍の壁を突き破って欲しいです。

    • sakano より:

      大胸筋は鍛えても送球が強くなるという事はないのでしょうかね?
      足が速いだけに勿体ないです。

タイトルとURLをコピーしました