ライバル球団の分析 [オリックス・バファローズ編]

企画

開幕までにライバル球団の戦力を分析したいと思います。

今回はオリックス・バファローズです。

投手

先発は山岡泰輔と山本由伸は絶対的でしょう。

ただ後に続く投手が居ないというのが厳しい所です。

去年5勝以上した投手がこの2人以外居ませんからね。

計算できないと言われてもしょうがないかなと思います。

 

リリーフは抑えのB.ディクソン、セットアッパーの海田智行と近藤大亮が頑張るしかないと思います。

増井浩俊は不調で開幕二軍が決定です。

中継ぎは澤田圭佑、吉田一将、K-鈴木辺りが奮起してくれないと台所事情が苦しいと思います。

野手

T-岡田を1番で起用とか奇策で何とかしようとしてますね。

T-岡田の復活無しではAクラス争いは無理なのでなんとか復活させたいのでしょう。

打線としては機動力が無いのかなと感じます。

A.ジョーンズで話題は作ってますが、打線としては本塁打頼りの打線なのかなと思いました。

福田周平の故障での離脱が意外とダメージが大きいと思います。


投手力と打線の特徴を考えるとAクラス争いができれば良い方だと思います。

オリックス・バファローズは短期決戦では強いかもしれません。

ただレギュラーシーズンのような長期戦は弱いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました