【二軍公式戦】読売ジャイアンツ戦 [8月23日]

二軍公式戦

感想

多和田真三郎

6回までを投げて5失点でした。

調整段階なので仕上がりの違いから打たれるのはしょうがないです。

相手はシーズン仕様でしょうけども多和田真三郎はまだオープン戦序盤仕様です。

今は球数を投げる事が最優先でしょう。

野田昇吾

二軍でも抑えられない状態になってますね。

コントロールを何とかしないとオフは危ないと思います。

コントロールが悪いけども球威が有れば残れるかもしれませんけども球威もそこそこでコントロールが悪いとなると無理ですよ。

武隈祥太

カーブを使って緩急の有るピッチングをしてました。

コントロールも安定してましたし、一軍の昇格させるなら今だと思います。

川越誠司

2安打2打点1本塁打1四球でした。

単打はセカンドとセンターの間に落ちるテキサス・ヒットでした。

本塁打は高めのボールを打った瞬間に本塁打と分かる2ランHRです。

試合が決まった終盤に打ってるというのがね。

序盤に打ってたら評価も変わるんでしょうけどね。

戸川大輔

6回に2ランHRを打ちました。

5点リードされた中盤に打っているので評価はされると思います。

ライトに引っ張った打球でした。

戸川大輔は長打を打たないと評価されない選手だと思います。

長距離打者としての期待が有りますからね。


多和田真三郎の調整の為にという試合でした。

高木渉が故障中で西川愛也は一軍と調子の良い選手が居ないので攻撃で苦労してますよね。

あと投手の失点が多過ぎです。

コメント

  1. YOSHIKI より:

    相変わらず二軍選手との入れ替えが下手ですね。内海投手ももう1週早く一軍に上げても良かったですし、先週もブルペンデーと称して貴重なリリーフである平井を先発で使い、オリックス戦後半は平井を使えなくなってしまいました。二軍と連携できていれば、十亀を先発させて済むことでした。二軍で調整し一定のイニングを投げ、安定した投球をしていた十亀のモチベーションも下がるでしょう。先週の二軍での内容は全快までよりも良くなかったですし。また、先週土日は失念していましたが、増田が右腕の違和感でベンチ入りを外れていました。ブルペンデーの余分な登板に腹を立てたのかも知れません。今オフのFAを前に潰されてたまるかと、反旗を翻したのかも知れません。これだけ見ても、チーム内がおよそ良い雰囲気だとは思えません。西村前監督時代のオリックスと大差ないかも知れません。

    自分の偏屈な理想に選手を無理矢理当てはめようとした弊害です。今からでも出来るのは全面的な起用法の見直しです。結果が出ていない自分の偏屈な理想など、ただの妄想です。橋上元作戦コーチに特集記事で慢心と言われても、返す言葉が無いでしょう。

    第1に今井投手を二軍に下げて、木曜日は十亀投手を先発ローテーションに入れることです。(昨日月曜日に今井の一軍登録抹消が無かったのは十亀との入れ替えだと考える事にします。)今井が先発した試合で交代を進言した西口コーチに、「今井は将来のエースだから簡単に変えない。」と辻監督は仰ったのですから、将来のエース候補に中継ぎをさせて、エースになるための先発としての再調整をさせないことは自己矛盾です。シーズンを半分消化したばかりの今なら、再調整させれば、9月の中盤以降先発として戦力になる可能性は十分にあります。崩れたフォームで投げ続けても、偶然抑えられることはあっても安定した投球が出来ることはないでしょう。

    第2に今井投手の代わりに、伊藤翔を中継ぎロング要員として起用することです。辻監督は自分の秘蔵っ子として先発に育てたいのかも知れませんが、スタミナ不足が顕著ですから、まずは中継ぎロング(最長3イニング)で結果を残させることです。與座海斗投手は、故障上がりですし、十亀投手と木曜日の先発を隔週で担当させても良いかも知れません。現状は與座投手もスタミナ不足で二軍戦での内容も良くないですから、当面は木曜日は十亀投手の先発で良いでしょう。

    第3に山野辺選手を二軍に落として、山田遥楓選手を一軍に上げることです。山野辺選手は、浅村選手がFA移籍した2018年秋にドラフト3位で獲得した選手ですが攻守に渡り期待外れです。元巨人・仁志敏久選手のような触れ込みでしたが、比較にもなりませんでした。ポスト浅村栄斗として獲得を要望したのでしょうが、現状は代走以上の戦力になれていません。セカンド、サードの守備を鍛え直し、先日2打席で見限られた淡泊な打撃も鍛え直す必要があるでしょう。対して山田はショート出身で、ショートの守備も源田ほどでは無いですが十分に上手いですし、セカンド、サードの守備もレベルが高いです。打撃もパンチ力があり、中村、源田、外崎のバックアップ要員として活躍の可能性が高いです。二軍でファーストも練習したので山川の守備固めもできるでしょう。佐藤龍世が対外試合出場禁止処分を受けているので、一番期待できるのは山田遥楓です。何より明るいのも良いです。山野辺はベンチでもうつむいたり、グラブを眺めていたりで試合を盛り上げる意思も感じられません。明るく元気な山田遥楓の方がチームにも好影響です。

    他には、若手外野手の入れ替えをすべきです。高木渉は故障で離脱しましたが、代わりに西川愛也がプロ入り初安打、初打点を記録しました。ただ、その西川も現状は代打でしか出場が無いでしょうから、今好調な戸川大輔を上げても良いでしょう。二軍で調子が良ければ、結果を残せばチャンスをもらえる事を具体的にしてあげれば、若手のモチベーションも上がるはずです。若手は1,2試合は一軍ベンチでも良いでしょうが、それ以上ベンチに座っていても体がなまってしまうだけですから、出場機会が少ないなら二軍で実戦経験を増やして体に技術を覚えさせる必要があります。

    毎年主力がFA移籍してやりくりが大変だとは思います。その中で頑張ってくれている辻監督には敬意を表しますが、そんな中でもまだ出来ることがあります。落合派の人間が球団を去った中日には戻れません。古巣であり一番愛着のある西武で監督を1年でも長く続けたいなら、結果が出ていない自分の理想を捨てることです。そうしなければチームは負け続けて昔からのファンからもチームを壊したと恨まれてチームを去ることになるでしょう。3年連続Bクラスに低迷していたチームを立て直して松井稼頭央監督?に引き継いでくれれば、球団も何らかの待遇をしてくれるでしょうし、ファンの心の中にも間違いなく名監督として残るでしょう。晩節を怪我したくなければ、結果の出ていない自分の拘りは捨てることです。

    • sakano より:

      十亀剣のリリーフ起用ってどうなんでしょうかね?
      昔のようにリリーフだからコントロールを乱すという事も無いでしょうし、リリーフだと先発の時よりも球威が上がるので一軍でも投げられそうですけどね。
      先発の十亀剣は衰えなのか140キロ前半しか出なくなったというのが一軍に呼ばれない原因なのかなと思います。
      常時145キロは欲しいです。

タイトルとURLをコピーしました