左翼手の争い

企画
スポンサーリンク

競争

B. オグレディ、呉念庭、ジャンセン、栗山巧、高木渉、川越誠司



この選手で固定というのは無いでしょう。

昨季は栗山巧が守る事が多かったですけども今季は確実に減ると思います。

候補は色々と居ますけども打てる選手でしょうね。

打撃が優先されるポジションです。

金子侑司を起用というのはやっては駄目だと思います。

基本はB. オグレディ、呉念庭、ジャンセンが最有力だと思いますが高木渉や川越誠司など打撃が良い選手にも期待したいです。

コメント

  1. YOSHIKI より:

    レフトは栗山選手が中心だとは思いますが、中村選手のDHが増えるので、栗山選手を休ませられるように、他の選手の成長を期待します。

    外野手については単独で考えるよりは、3ポジション全体を考えた方が良いと考えています。センターは若林選手が理想ですが、大きな怪我をした後なので無理をさせるべきではありません。辻監督は出塁率を軽視し、盗塁王を狙えるような俊足タイプを好みます。金子侑司選手については期待値が下がったようですが、好みの若林選手に無理をさせないことを希望します。若林選手が開幕に間に合わない場合は岸選手、川越選手、愛斗選手に期待したいです。ライトには、ロッテのマーティン選手と同じイメージで、オグレディ選手を配置したいですね。レフトは打撃センスはあるが、守備が不安な西川選手、高木渉選手に入って欲しいです。戸川選手も候補ですが、守備がかなり酷いのでファーストのバックアップが現実的な気がします。ジャンセン選手は外野経験が乏しいので、内野のユーテリティとして考えるべきです。
    レフトはsakano様が仰るように打撃力にウェイトを置くべきです。

    栗山選手を1番手にしながらも、川越選手、呉選手を起用していくべきでしょう。右の外野手が少ないので、内野手としては守備が酷すぎる山野辺選手を加えるべきです。ホームランバッターではありませんが、小柄でパンチ力のある選手として、2割7~2割8分、10本塁打、20盗塁を期待したいです。内野手としてはスパンジェンバーグ選手以下です。外野手として活路を見出すしかありません。センター、ライトは愛斗、川越といった守備力の高い選手がいるので、肩の弱い山野辺はまずレフトです。

    • sakano より:

      栗山巧は2000本安打を達成したので無理に起用しなくても良いと思います。

      二軍でも打ててない山野辺翔をレフトでというのは現時点では無理です。
      打率2割8分で10本塁打の20盗塁ではレフトではまだ物足りないです。
      センターを守れてなら十分ですけどね。
      打率2割8分で20本塁打なら納得出来ます。

      • YOSHIKI より:

        2000本安打を達成したから栗山選手を無理に起用しないというのは感心しません。栗山選手は2000本安打を達成したからもうレギュラーで使わないよ。若手中堅に無条件で切り替えるよというのは違う気がします。全盛期を過ぎた栗山選手からレギュラーを奪えないでどうするのか?結果を出して奪い取れ!という姿勢で臨むべきです。

        全盛期を過ぎた栗山よりも打てないから他の選手は安定起用されなかった訳ですから。若手中堅の選手が栗山選手を押しのける活躍を期待します。里崎智也氏がYouTubeで、西武の選手で一番念入りに真剣に練習に取り組んでいるのが栗山選手だということを以前言っていました。まだ、実績を残していない若手中堅が栗山選手より、練習に熱を入れなくてどうするのか?という思いはあります。栗山選手の姿勢を見習い頑張ってきたのが秋山翔吾選手でした。栗山魂を引き継いでくれる選手が出てくるのを希望します。

        中村、栗山両選手をキャンプで一軍スタートさせるのは生きた教材にする為のような」気がします。気がします。

        ヤクルトの川端選手のように、栗山選手が代打の切り札になるくらいが理想ですね。

        • sakano より:

          栗山巧のレフトの守備(特に肩)は厳しいです。
          練習を一番に熱心すればスタメンというのは違うと思います。
          レフトで勝負というのは難しいと思ってます。
          昨季も指名打者の方が8試合だけですけども多いです。

          今回の「左翼手の争い」にも昨季はレフトを守ってたから入れましたけども個人的には栗山巧のレフトは能力的にもう無理だと思ってます。

          昨季は2000本安打の事が有ったから中村剛也にサードを守らせて指名打者で起用しながらたまにレフトを守らせて起用してましたけども今季からは中村剛也にサードを守らせてまで栗山巧を指名打者で起用する必要は無いと思ってます。
          そして個人的にはレフトの守備は限界と思っているのでネタバレになりますけども栗山巧は指名打者で中村剛也と競争と考えてます。
          栗山巧がファーストの練習を春季キャンプでやったらまた話は変わります。

          • YOSHIKI より:

            栗山選手のレフト守備は肩の弱さはありますが、落下点に入るのは正確です。その部分については決して悪い守備ではありません。ただ、打って守ってを1年間やり続けるのが体力的に厳しくなっているのは間違いありません。DH起用も含めて休み休みやっていくしか無いですね。

            西武は守備力に不安である若手外野手が多いので、その中から選ぶことになります。西川、高木渉選手が覚醒して、栗山の穴を埋めるのが理想ですね。そのためにはもっと外野守備力が上がらないと困ります。栗山選手が一番練習に熱心に取り組んでいるようでは困ります。

            外国人なら、オグレディがライトまたはレフトに入るのを想定していますが、新型コロナ対策で入国が遅れるのを考えて、日本人で埋めることを考えていかないといけないですね。そういった意味では、突貫工事で後半戦にレフトを守った呉に本格的なレフト練習をさせるべきでしょうね。中村、栗山選手の負担軽減という意味では、呉選手にサード、レフトの練習をさせておくことが大切ですね。

            外国人不在を考えて、山野辺、柘植選手辺りにもレフトの準備はさせておくべきですね。

          • sakano より:

            栗山巧は昨季は足も故障しましたし、落下点に入るのが上手くても守備範囲自体は狭くなってます。

            呉念庭のレフトの練習はキャンプ中にすると思います。

            柘植世那のレフトは外野手として起用するほどの打力が有る所を見せて貰ったからですね。
            山野辺翔の昨季の打撃ではレフトなんて論外です。
            まだ練習してセカンド守備を上達させた方が確実だと思います。

            西川愛也はまだ打撃フォームが定まって無いので候補には入れませんでした。

  2. YOSHIKI より:

    レギュラー獲得前の外崎選手が良い例ですが、レギュラーを獲得する前の選手は複数ポジションは必須です。山野辺選手については打力が足りないと言うご見解ですが、私はプロの内野手としては厳しいと判断しました。打球への反応の悪さ、キャッチングの拙さ、それを足の速さで補っているだけで内野手として厳しいと考えています。外野手で活路を開くしか無いというのが個人的見解です。内野はベンチのメンバーがいなくなった緊急事態のみと考えた方が良いと考えています。

    柘植選手については、森選手がいる限りは休養日で先発マスクをかぶるしかないので、特長を生かすには外野での出場を検討するしか無いでしょう。上本二軍打撃コーチがそうであったようにキャッチャーとファースト、レフトを掛け持ちする形を想定しています。貝塚政秀氏も似たような起用で後に外野手転向しました。

    開幕当初は栗山選手がメインではありますが、徐々に呉選手や西川選手に移行していく年になると見ています。西川選手はフォームを変えていますが、フェニックスリーグでも結果を残し、成長を見せています。一軍の壁を破れるか真価が問われるところです。高木渉選手、戸川選手も同様です。

    • sakano より:

      あまり捕手をしながら他のポジションをというのは成功した例は少ないと思います。
      和田一浩氏だって捕手から外野に完全にコンバートされてからのブレイクですからね。
      捕手をしながら他のポジションというのは柘植世那のような捕手としてまだやる事が有る選手には難しいと思います。

      山野辺翔に関しては外野をやったら打てるようになるのか?という問題も有ります。
      今の打力で外野をやられてもね。
      そして外野をするにしても激戦区の外野で生き残れるのか?という問題も有ります。
      山野辺翔を外野で使うくらいなら他の選手を起用した方が確実です。
      山野辺翔の外野は需要が無いと思います。
      しかもレフトしか守れないとか使い勝手が悪過ぎます。
      打率3割、20本塁打を打てる打力が有るならレフトで使われるでしょうけどもそんな打力は山野辺翔には無いです。
      山野辺翔のようなタイプはセンターやライトも守れないと外野を練習する意味は無いと思います。
      ただセンターやライトを守れたとしても岸潤一郎や川越誠司を押し退けて山野辺翔を優先的に起用する理由は無いです。
      岸潤一郎や川越誠司の方が確実に外野の守備は上手いですからね。

      • YOSHIKI より:

        戦力の最大化という意味で山野辺選手、柘植選手のレフト準備を希望しています。山野辺選手については期待外れといわざるを得ません。大卒社会人ですから守備、走塁、打撃何かしら戦力になるべき物があればいいのですが、現在の所何も長所が無い状態です。強いて言えば走力とパンチ力ある打撃ですが、二軍でも圧巻の成績を残しているわけではありません。正直言って今年が正念場だと思います。ポスト浅村として入団しましたが、あっさり外崎選手がセカンドレギュラーを掴みました。

        外崎選手が2年連続で故障と不振に悩まされていますが、外崎選手が今季も不振だったとしたら、2番手は守備力と打力のバランスからして呉念庭になると思います。山野辺選手ではないでしょう。辻監督が熱心に指導していますが、上達が見られません。守備だけなら山田遥楓選手の方が数段上という状態です。呉選手、山田選手に続くセカンドの4番手なら仮にレフトしか守れないにしてもレフトに活路を求めるというのは一つの選択肢になるでしょう。サードを守る打力もありませんし、渡部選手をサードで育成しています。山野辺選手はサードでも安定感を欠いています。大卒社会人ですから二軍で育成する選手でもありませんし、頭数の少ない右打ちの外野手という選択肢になるわけです。ドラフト3位指名と言うことで、代走、代打、外野と辻監督も出場機会を増やそうとしていますが、期待に応えられていないですし、内野で使っても目立ったエラーをする始末で、辻監督も正直使いどころに困っている状態ではないでしょうか?

        打撃に大きな期待をできない熊代選手が生き残っているのは、内外野ほとんどのポジションを守れて、代走としても安定した働きをしているからです。山野辺選手については、内外野を守れるユーテリティを期待しても、ただの器用貧乏になりかねないので外野手として活路を見出すべきだと考えています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました