二塁手の争い

埼玉西武ライオンズ
スポンサーリンク

確定

外崎修汰


守備と実績を考えると外崎修汰がレギュラーで確定でしょう。

問題は打撃が良かった時の状態に戻るのか?ですね。

控え

呉念庭、山田遥楓、山野辺翔


外崎修汰が故障した場合は呉念庭や山田遥楓が昨季のように守る事になるでしょう。

山田遥楓は打撃が改善されたら外崎修汰とレギュラー争いが出来ると思います。

山野辺翔は相当なアピールが必要でしょう。

二軍で圧倒的な成績を残さないと控えの一番手にはならないでしょうね。

コメント

  1. YOSHIKI より:

    外崎選手がセカンドの大本命でしょう。ただ、打撃が復活するかどうかが鍵です。昨年は足を故障したせいか盗塁も減りました。走力の復活も欠かせません。この2つが復活すれば1番セカンド外崎で構いません。

    ただ、去年のような状態が続けば、他の選手の起用を検討せざるを得ません。2番手は呉念庭選手でしょう。内野はどこでも守れますが、一番上手いのはファースト、2番目はセカンド、3番目はサード、4番目はショートです。大学時代のメインはセカンドですから守備は及第点、打撃は去年一皮剥けました。ショートはかつて所沢遊撃隊と呼ばれたメンバーの一人で一応守れますというレベルです。

    3番手は山田遥楓選手になります。守備のレベルは外崎選手に近いものがあります。打撃さえレベルアップすればリーグを代表するセカンドになれるでしょう。

    後は平沼選手も候補にあがるでしょう。絶対避けなければいけないのは山野辺選手の起用です。足が速いだけでキャッチングが下手で、スローイングも不安定です。サード、ショートも目を覆うレベルですから、外野手転向しか道はありません。代走で出ても牽制で刺されることが目立ち、センスを感じません。バントも下手ですし、バットを長く持っているのに長打力も大してありません。外野も不慣れですが、内野に比べれば可能性があります。俊足強打のレフトで開花するのを期待したいです。

    セカンドが固定できないなら、今秋ドラフトで立教大・山田健太内野手、明治大・村松開人内野手あたりを獲得すべきでしょう。二軍では、次世代セカンドとして川野選手、山村選手の成長に期待したいです。

    • sakano より:

      呉念庭は他のポジションもという事も有るので山田遥楓が実質的には2番手ですかね。
      山田遥楓の守備はレギュラーとして考えても問題ないレベルです。
      ただ打撃ですね。
      打率2割7分くらい期待出来る打撃が出来れば外崎修汰と争えるのですけどね。

      山野辺翔の左翼手というのは個人的には無いです。
      レフトは打撃重視のポジションです。
      山野辺翔のようなタイプはセンターを守れないと外野手としては厳しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました