一塁手の争い

埼玉西武ライオンズ
スポンサーリンク

ほぼ確定

山川穂高


辻発彦監督が4番起用を明言しているので一塁手としてのスタメンはほぼ確実でしょう。

予備

呉念庭、ジャンセン、渡部健人


山川穂高の近年の成績を考えると信用は出来ないですよね。

不調や故障でスタメンから外れるとなると呉念庭が最有力で次に新外国人のジャンセンだと思います。

呉念庭は昨季に山川穂高が離脱中に一塁手として守備の方も安定してました。

渡部健人を起用する時は育成するという覚悟の時ですね。

コメント

  1. YOSHIKI より:

    山川の復活に期待したいですが、故障、不振のバックアップは用意しておきたいですね。呉はファーストの守備固めには最適ですが、ファーストでの先発出場は避けたいところです。サードかレフトで先発出場して欲しいですね。山川が離脱した場合は2年目の渡部の抜擢も検討して欲しいですが、1年目の二軍成績も山川より劣るのでもう少し育成期間が必要な気がします。それと渡部はポスト中村剛也としてサードとして鍛えて欲しいですね。

    ジャンセンも中村をDHで起用するためにサードでの起用を希望します。若手枠としては外野守備に不安のある高木渉、戸川大輔に外野と掛け持ちでファーストも守らせたいところです。黄金時代の森博行氏のようにレフトとファーストの掛け持ちですね。

    レギュラー 山川、守備固め 呉念庭、バックアップ 渡部、高木渉、戸川 といったイメージを抱いています。

    • sakano より:

      戸川大輔は守った経験は有るので選択肢としては有りですけどもまずは打てるようになる事ですよね。
      高木渉は練習をしないと守れないのでまだ候補には入らないです。
      それに高木渉は足が遅いとか肩が弱いという問題では無く打球の判断の問題なので上手くなる可能性は有ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました