先発投手の争い

企画
スポンサーリンク

先発投手の争いをまとめたいと思います。

確定

髙橋光成、松本航、今井達也


この3人は故障がない限りは先発ローテーション入りは確定でしょう。

ほぼ確定

D.エンス、隅田知一郎(佐藤隼輔)


D.エンスは適正を見てからという事になると思います。

隅田知一郎と佐藤隼輔は出来ればそれぞれで起用したい所ですけども交互に入れ替えをしながら起用という事も考えた方が良いと思います。

先発としてどこまで投げられるかは未知数なのでオープン戦などで様子を見ながらですかね。

競争

渡邉勇太朗、本田圭佑、與座海人、浜屋将太、佐々木健、内海哲也


6人目の先発ローテーションの座ですね。

渡邉勇太朗が最有力候補ですけども基本的に競争だと思います。

場合によってはこの中から中継ぎに回る投手も居ると思います。

コメント

  1. YOSHIKI より:

    高橋光、松本航、今井の3人はほぼ当確だと思います。この3人に加えてD.エンス、隅田(または佐藤隼)6人目が渡邉勇、與座、本田の争いになりそうです。

    浜屋、佐々木健は当面二軍で育成して、一軍ローテのD.エンスまたは隅田、佐藤隼の空きが出るのを待つ形になるでしょう。大卒社会人の佐々木健はこんなことでは困りますが、速球派の素材型なので実戦経験を積む必要があります。社会人の素材型投手なら浜屋や巨人2位の山田龍聖投手のように高卒社会人にして欲しいです。

    二軍は與座、本田、浜屋、佐々木健、井上、出井、豆田あたりで先発陣を構成するしかないですが、人数がかつかつですね。本田、浜屋、佐々木健の3投手は一軍の6人目の先発大器ですから。やはり小川龍也、榎田大樹投手の再契約か、秋吉投手との契約を考えるべきだと思います。イニングを稼げる選手を増やしておかないと、登板過多でトミー・ジョン手術を受ける選手が増えてしまう恐れがあります。これ以上トミー・ジョン手術を受ける選手は増やしたくないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました