年末のご挨拶

お知らせ
スポンサーリンク

2021年のライオンズは42年ぶりの最下位でした。

新型コロナウイルスの影響でR.ギャレット以外外国人選手の来日は遅れましたし、入場制限で観客動員での収益も落ちるという苦しい状況でした。

更に親会社の西武HDが業績悪化という苦境です。

唯一の救いはドラフト会議で隅田知一郎を競合寺引き当てたり、2位指名で佐藤隼輔を指名する事が出来たのが救いでした。

栗山巧が2000本安打を達成、松坂大輔が引退も有りました。

2021年のライオンズは苦しかったですけどもこんな時も有るという事なのでしょう。

良い意味でも悪い意味でも記憶に残る1年だったと思います。

2021年の事は忘れる訳では無いですけども切り替えて2022年ですね。

それでは皆様良いお年をお迎え下さい。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました