牧田和久のNPB移籍は絶望的

他球団
スポンサーリンク

東北楽天ゴールデンイーグルスを自由契約になった牧田和久はNPBの球団からオファーが無いみたいですね。

年齢と今季の成績を考えると戦力として獲得する球団は無いでしょう。

普通なら古巣が最後の花道をという事で獲得したりしますけどもMLBからNPBに復帰する時にライオンズのオファーを断ってますからね。

古巣のライオンズは最後の花道を用意はしないでしょう。

松坂大輔とは逆の状況になる訳です。

松坂大輔はMLBからNPBに復帰する時にライオンズはオファーを出しませんでした。

その負い目も有ったからなのか松坂大輔に最後の花道を用意した形です。

あと松坂大輔の場合はポスティングの時の譲渡金の貢献も有りましたからね。

牧田和久もライオンズのオファーを受けていれば今季は自由契約になる事は無かったでしょう。

年俸は下がる事は有ったでしょうけども引退を決断するまでは面倒をみてくれたでしょうね。

東北楽天ゴールデンイーグルスは牧田和久を最後まで面倒を見ないと駄目ですよね。

契約の最終年に悪かったから切るとか冷たいです。

獲得したからには引退まで面倒を見るべきだと思います。

東北楽天ゴールデンイーグルスのフロントは他球団とは違うのでしょうか?

牧田和久は現役を続けるなら日本国内の独立リーグ、台湾プロ野球、アメリカ

独立リーグが選択肢になると思います。

MLBのマイナー契約は厳しいでしょう。

コメント

  1. 福岡のレオ党 より:

    平良投手の足の状態が気になります。年齢に関係なく、抑えの登板過多は身体に影響を及ぼすのだと思います。抑えはやはり短命であることは間違いないようである。ブルペンでの肩作りはかなり負担をかけるのであろう。
    私であれば、平良は先発に繰り入れて現状の3本柱に刺激を与えます。先発がしっかりすれば、チームは安定したゲーム運びが計算できる。一気に投手王国となりえる可能性を感じます。かつての豊田コーチが先発ローテーション投手から抑えで輝いたように、見極めが大事である。見極めの流れから平良投手をクローザーに抜擢するのであれば、また本人が納得するのであれば、だれも口を挟む余地はない。まだまだ、増田投手に抑えで頑張ってもらいたい。平良投手は先発として育てるべきである。目先の勝ちパターンの誘惑に、首脳陣が負けないでほしいものである。

    • sakano より:

      逆なのでは?
      リリーフよりも先発の方が足首への負担は大きいと思います。

      抑えの方が調整は楽ですよ。
      投げる回は決まってますからね。
      ブルペンでは決まった回に決まった球数を投げて9回に向けて準備します。
      大変なのは中継ぎです。
      何度も肩を作って状況に応じて対応しなければなりません。
      同じリリーフでも中継ぎと抑えを一緒にしては駄目です。
      抑えは体の負担よりも精神的な負担の方が辛いと経験者は語ってます。

      現状では平良海馬のリリーフ適正は文句なしです。
      62試合に登板して防御率0.90でリリーフ適正が無いといえますか?
      先発適正は未知数なのに右足首で入院して準備も出来ない状況で転向はリスクが有り過ぎます。

  2. YOSHIKI より:

    牧田投手は復帰する球団を間違えましたね。不義理を働けば古巣には戻れないですし、金で踊らされれば、力の衰えが縁の切れ目になります。

    先発候補で與座投手、リリーフで十亀投手がいる以上、牧田投手は不要です。不義理を働いた牧田投手を再雇用する義理はありません。平石元監督に対する扱い、嶋捕手に対する待遇、そして牧田投手に対する石井監督兼GMの扱いを踏まえて西武のFA候補選手は楽天移籍を考えて欲しいですね。

    中村選手、栗山選手に対する扱い、日本復帰時は緊縮財政で獲得打診出来なかった松坂投手を引退まで面倒を見た西武の球団上層部の対応をよく現役の西武選手は考えて欲しいです。

    プロ野球球団は慈善団体ではありませんが、あまりに選手に対して冷淡すぎるのも現場の監督、選手がどう思うか考えた方が良いでしょう。石井GM兼監督も三木谷オーナーに雇われている立場ですから、オーナーの意向に沿ってビジネスライクに対応せざるを得ないのかも知れませんが。

    少なくとも自分を慕って楽天入りを決めた牧田選手に対して、石井GM兼監督は再就職先の斡旋をしてあげるべきですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました