辻発彦監督は若林楽人を1番で起用する構想

情報
スポンサーリンク

辻発彦監督は若林楽人を1番で起用したいみたいですね。

理想は若林楽人の1番起用だと思います。

あれだけ走れますからね。

ただ左膝前十字靱帯損傷のリハビリ次第だと思います。

実戦復帰が可能なのが予定としては来年の3月下旬なので開幕は厳しいです。

実戦復帰をして実戦感覚を取り戻すのに最低でも1ヶ月は必要だと思います。

一軍復帰は来年の5月と考えた方が良いと思います。

そして活躍出来るかはまた別問題ですけどね。

辻発彦監督は若林楽人の1番起用構想を言ってしまうのはどうかと思います.

若林楽人も焦るでしょうし、春季キャンプが終わった段階で決めれば良いと思いますけどね。

源田壮亮や外崎修汰の1番起用の代案は考えた方が良いでしょう。

若林楽人は開幕に間に合うかも微妙ですからね。

森友哉の2番起用もどうでしょうかね?

3番を任せる事が出来る選手が居れば森友哉の2番起用も良いと思いますけど打てない選手を3番で起用したら森友哉の2番起用の意味が無いです。

2番最強説は3番と4番がそれなりに打てるのが前提だと思います。

コメント

  1. 通りすがり より:

    やっと森2番が出てきましたね。1番2番の出塁率が低いと森が3番でも全く点が入りませんでしたから、これがいいです。
    若林、森、おかわり、オグレ、新外国人、栗山、山川、呉、源田。
    こんな感じでいいかと思います。

    • sakano より:

      中村剛也は3番起用の時の打率が悪いので無理だと思います。
      B. オグレディが4番を打つほどの打力も無いです。
      森友哉を2番で起用してどんなに出塁してもその後が打たなければ意味が無いないです。

      それに辻発彦監督は外崎修汰を外す事は出来ないでしょう。
      守備を含めて外崎修汰を外すというのは無いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました