捕手とショート以外を守れるジャンツェン・ウィッテの獲得調査報道

埼玉西武ライオンズ
スポンサーリンク

捕手とショート以外を守れるジャンツェン・ウィッテの獲得調査報道が出ました。

右投げ右打ちでファースト、セカンド、サード、外野を守れで敗戦処理で7試合の投手登板も有る31歳の選手です。

一応、メインポジションはサードのようです。

今季の3Aの成績は104試合に出場して打率.299、19本塁打、70打点だったみたいです。

MLB経験は無いそうです。

打撃型の選手ですけども本塁打が19本塁打というのは今季だけのようです。

長距離打者を獲得するという話でしたが結局はユーティリティープレイヤーというのはどうなのでしょう?

3Aで25本塁打以上の野手は無理なのでしょうか?

コメント

  1. 匿名 より:

    こんにちは。はじめまして。ウィッテ選手の来日情報について調べていたところ、こちらを拝読しました。ライオンズのニーズに合致するかどうかはわかりませんが、個人的には悪くない選択だと思います。
    私は、ボストンレッドソックスをファンなのですが、ウイッテは熱心にプレイするハードワーカーとして評判でした。また、もともと期待値の高い選手ではありませんでしたが、競争の厳しいマイナーリーグでコンスタントに成績を残していることから、一定の適応能力があると考えられます。また、人間性も高く評価されています。
    ご指摘のとおり、主砲として活躍するかはわかりませんが、6番辺りでチームへの貢献度の高い選手になると思います。

    • sakano より:

      外国人野手が6番というのはどうかと思います。
      せっかく補強するのだから4番や5番を打って欲しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました