D. バーヘイゲンやT.ヒギンスは無理なのか?

戦力
スポンサーリンク

北海道日本ハムファイターズを自由契約になっているD. バーヘイゲンやオリックス・バファローズを自由契約になっているT.ヒギンスを獲得するという事は無理なのでしょうかね?

D. バーヘイゲンの年俸は1億3000万円でした。

現状維持に出来高を付ければ獲得出来そうですけどね。

T.ヒギンスも年俸9000万円だったので1億円プラス出来高で獲得出来ると思います。

D.エンスが年俸1億円、B.タカハシが2000万円、B. オグレディが8000万円で合計が2億円です。

Z.ニール1人分の年俸ですよ。

R.ギャレット、M.ダーモディ、E.メヒア、C.スパンジェンバーグ分の3億2500万円が浮いてます。

D. バーヘイゲンだけでも良いから獲得して欲しいです。

外国人野手は他球団を自由契約になった選手で良さそうなのは居ないです。

最下位だったのだから本気で補強して欲しいですよね。

コメント

  1. 通りすがり より:

    オリックス、楽天は当然ですが、ロッテや日ハムもきっちり新外国人を補強してますね。日ハムは高額年俸の中田、西川、大田を切って大リーガーと契約していて、相変わらず見切りが鮮やかです。対して西武は1億以上の日本人プレーヤーが多く、新外国人獲得予算もあまり無いのでしょうか?ロックアウトの影響でしょうが、増田の3億、金子の1億が完全に足を引っ張ってますね。

    最低あと2人の右の大砲と抑えを、韓国から呼べる2000万円クラスのタカハシのようなレベルで終わりにするのだけは止めて欲しいです。今年中に決めてキャンプに間に合わせないと話にならないです。もし低年俸の外国人だと来季も今年同様に若手の育成の年になってしまいますし、それだけは避けて欲しいです。

    • sakano より:

      北海道日本ハムファイターズの主力切りは年俸というよりかは体質改善の為だと思います。
      中田翔一派の粛清ですよね。

      2億円のZ.ニールや1億円のE.メヒアが居なくなったので外国人選手の補強予算が無いという事は無いと思いますけどね。
      本当に予算が無いなら日本人選手もガッツリと下げられたと思います。
      最下位という大義名分が有りますからね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました