【2021年の評価】山村崇嘉

企画
スポンサーリンク

山村崇嘉の2021年の評価をしたいと思います。

成績

二軍

打率試合打席打数安打二塁打三塁打本塁打打点得点三振
.21785301281611326332481
四球死球犠打犠飛盗塁盗塁死併殺打出塁率OPS得点圏失策
1035.2127.250.592.29826

評価

高卒1年目と考えたら二軍の成績は悪くないと思います。

打撃成績はですね。

もう少し盗塁を失敗しても良いから走らせて欲しかったというのは有ります。

問題は守備でしょう。

26失策は多いです。

ショートはプロから挑戦という事でこの失策数は初めて守る訳なのでミスをしますよね。

問題はショートに向いているのか?という事です。

中島裕之のような打撃型の遊撃手をという事なんでしょうけども中島裕之が良い遊撃手だったのかは意見が分かれる所ですよね。

打者としては良い選手でしたけどね。

山村崇嘉も無理をしてショートを守らせなくても良いと思います。

守備よりも打撃に集中させた方が伸びると思いますけどね。

コメント

  1. YOSHIKI より:

    打撃成績については、類い希なセンスを見せました。ただ、ショートは断念すべきだと思います。まず、左打ちの外野手が飽和状態(団子状態?)ですから、外野手としては西武では需要が無さそうです。高校時代投手兼一塁手であった事から考えても外野手としての守備範囲や走力が期待できるタイプでは無い気がします。打撃型のショートであった中島裕之選手を目指すのでは無く、大型サードまたは大型セカンドを目指すのが現実的な気がします。二軍のショートはトレード移籍の平沼選手と、スイッチヒッターの川野涼多選手で争うべきでしょう。山村選手をショートから外す代わりにドラフト6位の中山誠吾内野手を加えれば、よほど二軍のショートは回るでしょう。育成2位の滝澤夏央選手もいますから、なおのこと、山村選手はセカンド、サードとして活路を見出すべきでしょう。ただ、セカンド、ショートとしても実力不足ですから、本人の奮起が必要です。また、一軍打撃コーチとしては適性が無かった阿部真宏新二軍内野守備走塁コーチの指導力にも期待したいです。

    • sakano より:

      山村崇嘉のセカンドもどうでしょうかね?
      ショートと同様で守備が重要ですし、意外と送球が難しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました