年俸が上がる選手と下がる選手

契約更改
スポンサーリンク

契約更改で源田壮亮が4000万円アップの1億9000万円に対して山川穂高が4000万円ダウンの1億3000万円ですよ。

簡単に言えば山川穂高のダウン分を源田壮亮にプラスした形ですね。

源田壮亮は4年連続でゴールデングラブ賞のタイトルを獲得してますし、数は少ないですけども盗塁王のタイトルも獲得したので上がりますよね。

山川穂高は2年連続で期待通りの成績を残せて無いので下げられますよ。

4000万円ダウンも温情が有ると思います。

40%のダウンでも文句は言えない成績です。

外崎修汰も2600万円ダウンの1億400万円は優しいと思います。

増田達至は複数年契約なので金額は決まってますからね。

最下位だったからバッサリと年俸を下げると思ってたのですけども意外と下げませんでしたし、上がる選手もケチらずに年俸を提示してますよね。

意外と蓄えが有ったのでしょうかね?

それとも西武HDから支援が有ったのでしょうか?

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました