【2021年の評価】増田達至

企画
スポンサーリンク

増田達至の2021年の評価をしたいと思います。

成績

一軍

防御率登板先発勝利敗戦HPセーブ勝率完投完封
4.993300398.00000
投球回奪三振被安打被本塁打与四球与死球暴投ボーク失点自責点
30.22332471101717

二軍

防御率登板先発勝利敗戦HPセーブ勝率完投完封
2.2580010.00000
投球回奪三振被安打被本塁打与四球与死球暴投ボーク失点自責点
8771400022

評価

4月18日にリリーフ失敗をして4月22日にもリリーフ失敗で完全に狂いましたね。

5月1日に4失点をして二軍です。

配置転換をしないとコメントした翌日に抹消されましよね。

結局は下半身の故障で走る事が出来ずに復帰が8月でした。

打たれた原因は数字を見るとスライダーですね。

2020年のスライダーの被打率が.182だったのに今季はスライダーの被打率が.344となってます。

ストレートに関しては2020年が被打率.242で今季が被打率.221とほぼ変わらない数字です。

元々スライダー投手でスライダーが生命線なのにそのスライダーが通用しなくなったからリリーフが続いたのでしょうね。

なぜスライダーが悪くなったのかは本人しか分からないでしょう。

下半身の故障は蓄積疲労だと思います。

入団してから8年間も1シーズン40試合以上投げてるのですから体に何かしらの不具合が出ますよ。

それがたまたま複数年契約をした初年度だったというだけです。

複数年契約をしたからサボったとかでは無いでしょう。

逆に焦った投手思います。

増田達至にとっては今季はプロ入りして一番悪いシーズンだったと思います。

気になるのが同じタイプの福岡ソフトバンクホークスの森唯斗も不調だった事です。

ボールが変わったとかでは無いですよね?

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました