外国人選手4人の退団が決定

戦力
スポンサーリンク

Z.ニール、M.ダーモディ、R.ギャレット、C.スパンジェンバーグと契約をしない事が球団から発表されました。

渡辺久信GMが以前に発言してたので驚きは無いです。

R.ギャレットは微妙な所でしたけれども無理でしたね。

R.ギャレットの場合は別の問題も有ると思います。

来年の4月に奥さんが出産なので日本という選択は無かったのかもです。

Z.ニールの2年契約は何だったのでしょうかね?

大失敗でした。

2年目に契約の選択肢のオプションを付けないと駄目だと思います。

2年目は球団側に3年目は選手側にという感じでね。

C.スパンジェンバーグは2年目に慣れて覚醒するかと思いましたけども駄目でした。

M.ダーモディは良い所が無かったです。

何で獲得したのでしょうか?

何で先発として獲得したのでしょうかね?

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. TN より:

    順当な判断だと思います。
    ギャレットは楽天との最終戦の大乱調が響きました。
    キャンデラリオにノリンにダーモディーはなる意味首脳陣への嫌がらせですしプロなんだからVで見たらわかると思うけど情けないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました