森友哉の直訴に関して

埼玉西武ライオンズ
スポンサーリンク

「週刊文春」に掲載された記事で森友哉が捕手からの転向を直訴したという件ですけども事実なのかは分かりませんけども事実なら森友哉は打撃を優先させたいから捕手は負担が重過ぎるという事なのでしょうか?

怪我をしましたからね。

捕手が打撃成績を残す事を考えるとマイナスと思うのはしょうがないです。

渡辺久信GMに泣きながら直訴して話し合い中と書いてました。

事実ならFAの事を考えると森友哉の直訴を無視をする事も出来ませんし、今からコンバートとなっても森友哉は楽になるでしょうけども来季が大変ですよ。

一番困るのは辻発彦監督でしょうね。

来季は結果を残さなければならないのに捕手を育成となったら大変でしょう。

森友哉を本当にコンバートするなら渡辺久信GMが伊東勤氏に頭を下げて助監督とかそのような役職でコーチをやって貰わないと捕手育成は無理だと思います。

森友哉が秋季練習でどのポジションの練習をしているのか?で真相は分かるのですが左肩の故障で別メニューですからね。

春季キャンプまで真相は分からないと思います。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. 通りすがり より:

    森の記事読みました。過去の経緯とかはこじつけのような気がしましたが、去年の号泣、今年もレギュラーで最下位という結果で責任感が強いので思い詰めてる可能性もあるかなと思いました。重労働のポジションの中で、辻さんがほとんど併用しないで出ずっぱりですから、精神的にも肉対的にもしんどいと思います。当面は両翼のどちらかを任せるのも一案だと思います。打撃に専念できれば今より遥かに凄い数字を残してもおかしくないです。

    捕手は岡田と柘植、古賀の3人体制でやり、いずれは古賀をレギュラーにする方向性で問題ないと思います。もしそんな展開になったら、2人目の新外国人は指名打者起用の右の長距離砲を取り栗山との併用でいいと思います。
    森は2連覇に相当貢献してくれたので、本人の選択を重視して上げたいです。流出だけは絶対に防がないとなりません。

    • sakano より:

      森友哉は打撃が売りなので併用は難しいですね。
      並の打力なら併用も良いですけども主軸を任せるほどの打力ですからね。ら森友哉が居なかったら打線として困ります。

      指名打者は栗山巧と中村剛也の併用で良いと思います。
      せっかく外国人選手を獲得するのならそこそこ守れる選手を獲得して欲しいです。
      中村剛也や栗山巧を代打と決めるのなら指名打者を外国人選手に使っても良いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました