新外国人野手の噂

戦力
スポンサーリンク

新外国人野手の噂が出した。

まだ噂というか、ライオンズの公式Twitterをフォローしたという情報だけです。

ブライアン・オグレディという選手がライオンズ、読売ジャイアンツ、横浜DeNAベイスターズの公式Twitterをフォローしたそうです。

急にフォローしたという事は交渉しているという事なんでしょう。

獲得出来るかは分かりません。

選手情報としては右投げ左打ちの外野手で29歳です。

長距離打者で外野の守備は良いみたいです。

センターを守れるほどの脚力は有るみたいですね。

三振は多くてチェンジアップ系のボールに弱いみたいです。

スペイン語の通訳とは関係ないですけども英語の通訳は既に居ますからね。

スペイン語通訳は別件なんでしょう。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    ツイッターでフォローした3球団なら巨人か西武のどちらかな気がします。DeNAは外国人右打者2人が残留し、チーム内に少ない左打者とはいえ可能性が低いです。

    左打ちの強打の外野手というのはチームの補強ポイントですから、もし獲得が実現すれば嬉しいですね。年齢もアメリカではメジャーとしての活躍は期待できない年齢なのでメヒアと同じパターンでしょう。

    個人的には阪神のサンズと左打ちの強打の外野手を1人獲得して欲しいと考えています。2人とも日本初体験の選手はリスクが高いです。サンズは年俸1億2000万+出来高で契約にこぎ着けて欲しいです。出来高はホームランより打点を重視した物にして欲しいです。

    1番センター若林、2番ショート源田、3番キャッチャー森、4番ファースト山川、5番レフト・サンズ、6番DH(サード)・中村、7番ライト・新外国人左打者、8番サード呉(または渡部)、9番セカンド外崎といった打線を組んで欲しいです。こうすることで、栗山を代打の切り札で使えます。森を休ませて、岡田、柘植、古賀を使っても攻撃力の低下を最小限にも出来ます。

    山賊打線の復活には左右の強打者獲得は欠かせませんから。

    • sakano より:

      J.サンズは年俸の割に打撃成績が釣り合って無いです。
      1億2000万円なら打率.270、30本塁打、90打点は打たないと無理です。
      打率は.250程度が限界でしょうし、本塁打も神宮球場で稼いでいるので20本塁打だと思います。

      • 通りすがり より:

        ホームラン20本以上打ってくれれば年俸1億超でも妥当だと思います。全く勝てないニールに2億や、メヒアに無駄金を長年与えていたことを考えると、結果さえ残してくれれば投資するしかないです。現状20 本以上打てるのは山川のみという悲惨な状態ですし、山賊を見てファンになった人たちは殆どいなくなったと思います。

        • sakano より:

          J.サンズはパ・リーグだと20本塁打も打てるか怪しいです。
          J.サンズに1億円を超える年俸を出すならパワーが自慢のNPB未経験の選手を2人獲得した方が良いと思います。

          J.サンズに1億2000万円ならJ.マルテに2億円を出した方が確実です。
          J.サンズは衰えの心配も有りますからね。
          個人的にはどちらも微妙だと思ってます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました