来季は8回、9回のリリーフを完璧に

雑談
スポンサーリンク

来季は8回、9回の勝ち試合に投げるリリーフを完璧にして欲しいです。

抑えは平良海馬でしょうけども8回を投げるセットアッパーですよね。

増田達至なのか?森脇亮介なのか?それとも外国人投手に任せるのか?です。

8回、9回を抑えて逃げ切る体制が整えば森友哉を8回からベンチに下げて休ませる事も可能になります。

森友哉の負担を減らして130試合は出場して欲しいです。

フル出場を止めて故障しないようにすれば首位打者の可能性が高くなります。

リリーフがしっかりしてないと勝てないですからね。

今季は8回、9回に追い付かれたり、逆転されたりと勝ちを逃した事が多かったです。

最下位の原因の一つです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    今年のドラフトを見る限りは、平良投手の先発転向は無い気がします。9回平良、クローザー平良を継続することになるでしょう。そうなると8回は増田投手を軸に回していく事になるでしょう。ただ、衰えが見え始め安定感が落ちてきているので、何人かで回していく事になるでしょう。森脇、平井、新外国人投手が候補でしょう。左投手なら武隈、公文も入って来るでしょう。若手なら水上、中堅の田村も候補でしょう。

    ただ、大本命は宮川の復活です。宮川が復活すれば、8回を任せられるセットアッパーとしてだけでなく、平良の負担を軽減するWストッパーとしても起用出来ます。

    浜屋に加えて、今ドラフトでは先発型左腕の隅田、佐藤両投手を獲得したので、佐々木健は必然的にリリーフからのスタートになります。そこで結果を残せない限り先発は無いでしょう。また崖っぷち左腕の佐野もリリーフでスタートです。結果を残した物が勝ちパターンのリリーフA班になるでしょう。

    まずはブルペン陣の層を厚くするため、力のあるリリーフ外国人投手を獲得して欲しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました