新外国人選手は中南米系

戦力
スポンサーリンク

新外国人選手は中南米系の選手でしょうね。

公式HPでスペイン語の通訳を募集してます。

スペイン語が母語と考えると中南米系です。

通訳を募集しているという事は選手の契約が決まったという事ですね。

R.ギャレットを残留を望む声も有りますけども無理でしょう。

来年の4月に子供が誕生予定なので日本には来ないと思います。

金銭の問題では無く環境の問題ですね。

それもR.ギャレット本人では無く家族の環境です。

中南米系の外国人選手を投手4人、野手2人ほど獲得すれば良いと思います。

来年の外国人枠も5人になると思います。

育成でも中南米系でら20代前半の外国人選手を投手2人、野手2人ほど獲得して欲しいです。

フェルナンド・セギノール氏にコーチをやって貰ったら良いと思います。

投手コーチも中南米系のNPBを経験した投手を招聘して外国人選手専門のコーチです。

日本人のコーチが外国人選手を指導というのは無理が有ると思います。

筋肉の付き方や骨格が違うのだから教えるのは難しいです。

ちょっとした技術指導なら出来るでしょうけどもフォームとかになると日本人コーチでは難しいです。

言葉の壁も有りますからね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました