ベイスターズの長期契約提示は羨ましい

雑談
スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズが宮﨑敏郎に6年契約を提示しましたね。

羨ましいです。

ライオンズも森友哉に6年くらい契約を提示して欲しいですけどね。

今季の外国人選手の総年俸が5億2500万円でした。

来季は5000万円クラスの外国人選手を6人獲得するとしても3億円です。

2億2500万円も浮く訳です。

オフの大幅アップは平良海馬だけでしょう。

後は微増程度だと思います。

山川穂高は1億7000万円から1億2000万円まで下げても良いと思います。

外崎修汰は1億3000万円から1億円まで下げても良いでしょう。

これだけでも3億500万円を削減出来ます。

戦力外にした榎田大樹、小川龍也、吉川光夫の年俸を足したら1億300万円です。

合計が4億800万円となります。

森友哉の年俸が1億6000万円なので2億円をベースに最大3億5000万円と考えると1億9000万円を確保すれば良い訳ですよね。

4億800万円も無駄を無くす訳ですから1億9000万円という数字は不可能では無いと思います。

他にも平井克典、内海哲也、中村剛也の年俸を下げる事も可能ですからね。

場合によっては金子侑司を放出しても良いと思ってます。

森友哉の複数年契約は不可能では無いと思います。

今季の収入分でやりくりをしろとなったら無理ですけども西武HDが赤字分を補填してくれるなら可能です。

補填出来ないのなら身売りをして欲しいです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. 春野の親父 より:

    同意します。
    しかし残念ながら親会社の経営不振により,今オフも補充はしても補強はしないでしょう。
    安い助っ人を数人連れてきて軒並み大ハズレ,数合わせのために他球団の戦力外を補充するのが関の山。
    森・山川・源田・外崎のFAも引き留め資金無くフリーパス。
    かつてクラウンから西武に替わった時同様,資金力豊富な親会社に身売りでもしない限り暗黒の10年が始まるのではないでしょうか。

    • sakano より:

      今季に掛かった費用分を補償してくれたらその中でやりくりをすれば良いので補強も可能です。
      5000万円クラスの外国人選手を数多く獲得すれば誰か当たるでしょう。
      これまでのライオンズの傾向を考えると1億円の年俸で獲得した外国人選手が当たるとは思えないです。

      西武HDは総年俸26億円プラス球団運営費を負担してくれたら良いです。
      補強などは26億円の中で出来ます。
      それも無理なら身売りしてくれないと飼い殺しになります。

      • 通りすがり より:

        森の去就が今後のチーム運営に大きな影響を与えるのは必至です。結果の出せない中堅選手、金子侑司や十亀等の分はトレードしてでも金をかき集めないとなりません。あと2年も金子侑司に年俸1億円も払う狂気の契約をしてしまいましたからね。

        またおっしゃる通り、山川、外崎という貢献度の低い高額年俸の選手は限度制限に近く減俸すべきですね。特に去年今年の外崎の打撃の酷さは1億円プレーヤーと名乗るのも相当に無理あります。守備のみの選手になってしまいましたので、制限ギリギリで8000万水準まで落とすか、可能であれば中日あたりとトレードすべきと思います。投資効果でいうと、呉880万に比べて大きな対価を受けているとも全く思えません。

        森と長期契約を結べるかどうかが今年オフの一番大きなイベントだと思います。

        • sakano より:

          外崎修汰の放出は後釜が定まった時ですね。
          来季は無理でしょう。
          中日ドラゴンズはトレードはしないみたいですしね。
          守備だけでもまだ戦力的には必要です。

  2. 匿名 より:

    デナの宮崎はFA取得済みで森はFA取得1年前です
    そこを考慮しないとフェアではないです
    宮崎は複数年結べたのに森は結べなかったとは条件が違うので言うのはやめてくださいね
    いかにも言いそうなので

    • sakano より:

      フロントも馬鹿では無いので交渉はしているでしょう。
      交渉をして複数年契約が駄目だったらお手上げです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました