高山久二軍打撃コーチ、青木勇人三軍投手コーチ、佐藤友亮二軍野手総合兼外野守備・走塁コーチが一軍コーチ

人事
スポンサーリンク

高山久二軍打撃コーチ、青木勇人三軍投手コーチ、佐藤友亮二軍野手総合兼外野守備・走塁コーチが一軍に配置転換だそうです。

高山久二軍打撃コーチは1年で一軍コーチですね。

青木勇人三軍投手コーチは水上由伸を成長させて戦力にしたという点を評価されてだそうです。

佐藤友亮二軍野手総合兼外野守備・走塁コーチは元々は一軍のコーチでしたからね。

佐藤友亮二軍野手総合兼外野守備・走塁コーチが一軍の外野守備・走塁コーチなら森本稀哲氏には断られたという事ですね。

やっぱり古巣が優先ですかね?

左投げの投手コーチは無しですかね?

内海哲也は一軍、二軍のどちらのコーチを兼任するのでしょうか?

嶋重宣三軍野手コーチは二軍に配置転換という事なので三軍というのが無くなるかもです。

嶋重宣三軍野手コーチは二軍戦ではベンチにも入ってましたからね。

三軍は故障者のリハビリ用の組として分けるのかです。

田邊徳雄三軍統括コーチはどうなるのでしょうかね?

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    西武の場合、三軍の立ち位置が中途半端になっています。本来三軍を設置するなら、巨人、ソフトバンクのようにアマチュアと常時試合が出来る20~25人程度の選手を確保すべきです。試合経験の中で選手は成長するからです。プロとしてはまだ体力不足、技術不足といった若手選手の指導や、故障からの復帰を目指す練習を目指す選手を集めるのであれば、「育成班」とか「育成グループ」といった名称にして目的を明確にすべきですね。三軍はメジャーのマイナーである1A,2Aのような形が本来の姿だと思います。

    二軍に配置転換される小関コーチ、阿部、赤田コーチについてはいずれも守備型選手ですから、小関コーチが二軍外野守備走塁コーチ、阿部氏が内野守備走塁コーチ、面倒見の良さが評判の赤田氏が三軍野手コーチ(外野担当)、鬼崎二軍内野守備走塁コーチを三軍野手コーチ(内野手担当)に配置するのが適任だと考えます。この2人に加えて、青木コーチに代わり、大石コーチを三軍投手コーチに配置すれば良いでしょう。田辺氏については三軍統括コーチのままだと思います。もし役職が変わるなら、今季の清川ファーム投手総合コーチと似た形でファーム野手総合コーチのような形でファーム全体の野手育成の責任者といった形になる気がします。

    個人的には嶋三軍野手コーチを二軍ヘッド兼打撃コーチとして、西口新二軍監督の参謀として付けるべきだと思います。

    佐藤友亮現二軍コーチの一軍外野守備走塁コーチへの配置転換には賛成です。小関コーチになり、盗塁数もその他の走塁も上手くいっていないですから、実績のある佐藤氏の昇格は機動力復活にプラスでしょう。

    • sakano より:

      三軍は広島東洋カープのような形になってますよね。

      西武HDが初期投資をしてくれたら良いのですけどね。
      若獅子寮の横に社宅を建設してスキー場を解体して観客席無しの球場を建設して三軍を本格的に活動して欲しいです。
      今の二軍施設のトレンドは試合が出来る球場を二ヶ所ですからね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました