辻発彦監督の続投が正式に決定

人事
スポンサーリンク

辻発彦監督の続投が正式に決定した事が球団から発表されました。

同時に馬場敏史作戦兼守備・走塁コーチの辞任も発表されました。

悪い表現になりますけども低迷の責任をヘッドコーチ格の馬場敏史作戦兼守備・走塁コーチに負って貰ったという事です。

来季のヘッドコーチは松井稼頭央二軍監督が既定路線でしょう。

打撃コーチという報道ですけども監督経験も有るので作戦コーチ辺りを任せた方が良いと思います。

福岡ソフトバンクホークスのコーチとして作戦面では定評が有るみたいですからね。

これから色々と情報が出るでしょう。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    平石洋介前ソフトバンク一軍打撃コーチの招聘は松井稼頭央二軍監督の希望でしょう。監督推薦枠を辻監督ではなく、松井二軍監督の希望で埋めたのでしょう。2022年シーズンで松井監督に向けた体制作りをするのでしょう。

    鈴木健氏や和田一浩氏の打撃コーチ就任はないのでしょうね。残念です。平石氏はプロ選手としての実績に乏しいので、打撃技術の指導は難しいでしょう。分析など作戦面の指導が主の打撃コーチでしょう。一軍打撃コーチは技術を選手に教え込む必要性は低いですが、選手が技術について相談できるご意見番的な人が必要です。その意味では、鈴木健氏や和田一浩氏にプロで高い実績を残している人に一軍打撃コーチを務めて欲しいです。お二人とも、高い打撃技術をお持ちですが、頭ごなしに何かを教え込むタイプでは無いでしょうし。

    平石氏には、今季苦手にしていたオリックス、楽天特に楽天対策での分析指導を期待したいです。来季の石井楽天をぶっ壊すのに貢献して欲しいです。高校・大学まで主将を務めた人間性は評価できますし、だからプロ選手としての実績が無いのに一軍監督を任されたのでしょう。

    阿部真宏コーチ、赤田将吾打撃コーチの残留はガッカリです。OBだけのコーチ人事は適性を欠く人まで現場に残すことになるので反対です。OBが3分の2,外部出身が3分の1くらいで適正な配置をお願いしたいです。現場で指導力が無いなら、スカウト、スコアラーなどに配置転換すべきです。二軍に配置転換のようですが、阿部氏が二軍内野守備走塁コーチ、赤田氏は三軍野手コーチ(外野守備走塁担当)が妥当でしょう。鬼崎二軍内野守備走塁コーチが三軍野手コーチ(内野守備走塁担当)になるのではないかと推測しています。

    力の無いサイドスロー投手を大量生産し、故障に導く清川二軍投手総合コーチには解任して欲しいですが残留なのでしょうか?

    • 通りすがり より:

      平石の獲得は楽天対策として、また全く西武に縁のなかった人材の獲得としても評価できます。ただし来季の課題は山川と外崎の復調ですが、これは技術指導出来ない平石には無理そうですね。むしろ松井稼頭央に見てもらうのが確実かと思います。

      力を発揮できなかったコーチをぐるぐる回してチームに残すメリットがよく分かりませんが、情報漏洩とかを気にしてるのですかね。メインとなる一軍の投手コーチ、打撃コーチもまた能力の無いOBは回避して欲しいです。中日の阿波野コーチがリリースされたようです。投手陣最強の中日には何かノウハウがあるのではと思います。

      また岡田のFA問題も出てますし、森のFAもありますからね。今年来年で2人共流出されるとこれはまずいですので、きちんと手を打って欲しいです。

      • sakano より:

        山川穂高や外崎修汰は右打ちなので右打ち担当の打撃コーチし役割ですね。
        山川穂高や外崎修汰クラスだと辻発彦監督が指導しないと話を聞かないでしょう。

        阿波野秀幸氏は縁が有れば良いですけども関わりが有る人が居るのか?ですね。

    • sakano より:

      和田一浩氏はやっぱり出て行き方が悪かったと思います。
      中日ドラゴンズに移籍したくてという感じで監督に就任したばかりだった渡辺久信GMの残留要請を断りましたからね。
      FAで国内移籍した選手は難しいという事でしょう。

      細川亨氏や豊田清投手コーチは出て行ったというよりかは出て行くしか無かったという感じでしたからね。

      清川栄治ファーム投手総合コーチの情報は無いですね。
      西口文也投手コーチが二軍監督で赤田将吾打撃コーチ、阿部真宏打撃コーチ、小関竜也外野守備・走塁コーチが二軍に配置転換という記事は出てました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました