宮城大弥対策?【バファローズ戦・25回戦】

2021年・公式戦
スポンサーリンク

試合結果

敗北


宮城大弥にまた負けましたね。

これでも宮城大弥対策をしていたみたいです。

右打者を並べるのが対策みたいですけどね。

宮城大弥は対右打者の被打率.212で対左打者の被打率.234です。

右打者と左打者のどちらを並べた方が良いかはデータを見れば分かると思いますけどね。

辻発彦監督の思考は良く分からないです。

しかも宮城大弥対策で起用した山野辺翔が守備でやらかしました。

山野辺翔のいきなりのレフト起用は無いです。

完全に辻発彦監督の采配ミスです。

これが来年も有るという事ですかね?

今井達也の二桁勝利の可能性は完全に消えました。

四球は多いですけども打たれたという訳では無いです。

打たれたのは5回のソロHRでの失点だけですからね。

気の毒な終わり方です。

山川穂高が9回にソロHRを打ちました。

本当に急に打ち出しました。

4番起用が良い責任感になっているのでしょうかね?

ただ4番ならチャンスで安打を打って欲しいです。

ボールを選んで繋げるのも大事ですけども4番には得点をする打撃を求めてますからね。

ブランドンは良い感じで打ってますね。

秋季キャンプで出場機会を増やす為にレフトとライトも守れるようになった方が良いと思います。

右打ちの外野手で長距離打者は愛斗くらいしか居ないなでチャンスだと思います。

サードは呉念庭や渡部健人とライバルが多いです。

ブランドンは足もそこそこ速いのでサードとファーストだけというのは勿体無いと思います。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    山野辺選手については急なレフト起用は多少同情すべき点はありませんが、辻監督が春から外野を中心とした練習をさせておかないからこういうことになるのです。先日はショートで起用して悪送球。昨日はランナーとしても牽制で刺される。個人的には戦力外にすべき内野手1番手です。足が平均より速く、小柄な割に少し長打力があるだけの使い勝手が悪い選手です。内野としては、最初の一歩が遅く、足の速さでごまかして打球に入っているだけです。足の速さで打球に向かっているだけなのでフットワークも悪く打球を正確に捕れないし、捕ってからもばたついた体勢でスローイングするから精度も低いです。打撃も小力はありますが、所詮小力なので強い内野ゴロを打つしか出来ません。走塁はスタートも悪く、盗塁成功率も低いです。外野転向して足の速さを生かすしか無いですが、不慣れとはいえあのフライは捕って欲しいです。

    辻監督は広岡、森、野村監督とデータ重視の名将に仕えてきましたが、辻監督は長年の勘に頼っている部分が強く、データを軽視しています。左打者にはワンパターンで左投手をぶつける。逆に左投手には右打者を並べれば作戦を立てていると胸を張ります。それはデータに基づく作戦ではなく、直感つまり勘ピュータ作戦です。

    松井稼頭央二軍監督をヘッドコーチに配置転換して監督修行をさせる以前に、辻監督が勘に頼った采配をしているので監督見習いのヘッドコーチでは無く、データ分析力に優れたヘッドコーチを招聘して欲しいです。個人的には大久保博元氏を希望しますが、心筋梗塞で夏に倒れたようですし、体調面で厳しいですね。松井稼頭央二軍監督には助監督兼打撃コーチを希望します。もう一人の打撃コーチは和田一浩氏か鈴木健氏を希望します。嶋三軍野手コーチを一軍打撃コーチに配置するのも良いですが、育成を機能させるなら、西口一軍投手コーチを二軍監督にして、二軍ヘッドコーチ兼打撃コーチを嶋氏にお願いすべきだと考えています。

    ブランドン選手の外野挑戦に賛成です。走力的に正直センターは厳しいと思いますが、レフト、ライトは十分にやれるでしょう。レフトに長打力のある新外国人選手を獲得して欲しいです。センターには若林または岸、ライトに川越、愛斗、ブランドンといった形が望ましいです。

    外野陣は帯に短し襷に長しなので、外国人長距離砲が最低1人は必要です。若手抜擢をするなら守備力を要するセンターだけで良いでしょう。2人外国人外野手を獲得し、そのうち一人はファーストを兼務出来る選手が望ましいです。

    • sakano より:

      山野辺翔は練習はしても実戦が足りなかったという事でしょう。
      熊代聖人のように色々なポジションを守れる選手にしたかったという思惑が有ると思いました。
      熊代聖人は身体能力が高いから出来た事で肩が強く無い山野辺翔が出来るとは思えませんけどね。
      ショートとか無理です。
      まだ岸潤一郎に守らせた方が可能性が有ると思います。
      独立リーグ時代は遊撃手でしたからね。

      攻撃の作戦などをコーチ任せると何の為に監督が居るの?という事になるのでね。
      投手出身の監督が攻撃面はコーチに任せるのは有りだと思います。

      ブランドンは大学時代に外野の経験は有るのでそこまで難しくは無いと思います。

  2. 通りすがり より:

    昨日の山野辺の守りはもう語るレベルでないですが、そもそも起用する方の間違いではないかと思います。辻さんはレフトにスパンジェンバーグやウーや山野辺を簡単に使ってしまいますが、昔、現役時代に7番レフトが決まらずに、笘篠や森、安部理あたりを使っていた名残でしょうか。二遊間は固めるのにレフトに守ったことすらないような選手を使う感覚が全くわからないですし、来年続投でもこんな起用は絶対に止めるべきです。どうしても守備難の選手を使うのは普通はバレンティン等の打力のある選手の時ですね。

    来期については、やはり穴は外野なので外国人を二人取って両翼で固めるか、一人をDH兼用でもいいですし、ブランドンを一塁で使い山川DHもありです。ブランドンとウーが出てきたので、内野はかなり期待できるメンバーです。問題は外野で正直、外野の選手が質的に低い選手が沢山いすぎるので、人を決めて誰かをトレードに出してもいいかと思います。若林、岸、愛斗、川越、鈴木、西川、高木と最大2つしかポジション無いのに多すぎます。これにウーや山野辺を外野起用とかもどうかと思います。公文のトレードはかなりの成功例だと思います。榎田のような選手が眠っていれば外野の若手を出してもトレードで取りたいです。

    • sakano より:

      レフトに守備がそこそこな選手を使うのは別に構わないと思います。
      問題は守備を補える打力が有るのか?ですね。

      外国人野手は4番候補を2人ですね。
      ポジションが被ると2人とも当たった時に困るので外野手と内野手が良いと思います。
      外野手はレフトとして考えれば良いと思います。
      パワーが有って肩の強い外国人野手を探す方が大変なので打力重視が良いです。

      外野手のトレードは左打ちの選手になるでしょうけどもどの球団も居ますからね。

      • 通りすがり より:

        外野の選手たちがなぜこれだけ伸び悩むのか分かりません。金子と木村を重用しすぎたからなのか、なんででしょうか。一番の期待は総合的に見て愛斗ですが、選球眼の悪さだけはなんとかしないとバッテイングを崩されて2軍です。若林の復活具合も分かりませんし、岸は成長していますが次に私生活で問題を起こしたら西武は厳しいので確実に終わりです。左の4人は確実に力不足で、川越もこれだけ一軍で使われているのでもっと結果を出さないとレギュラーは無理です。トレードの玉になるのは愛斗だけだと思いますが、さすがに出すのは無理ですしね。

        山野辺は来年で4年目で今の感じですとオフには相当に厳しいです。野田が3位指名でかなり活躍したにも関わらず5年でクビでしたからね。田代よりは力はあると思いますから、どこかが拾うかもしれませんが、平沼も来ましたからね。

        • sakano より:

          去年、ちょっとだけ使ったくらいでは若手は出て来ませんよ。
          辻発彦監督は基本的に我慢して起用とかしません。
          打てなくなったら他の選手を使う監督です。
          突然変異のように若手が出て来るとか滅多に無いです。
          辻発彦監督が育てた野手は居ないですよね。
          源田壮亮は社会人からなので即戦力で元々守備は上手いという触れ込みでした。
          山川穂高、外崎修汰、森友哉は辻発彦監督が就任前から使われてましたよね。
          逆に投手が育ってます。

          山野辺翔は立場的には厳しいです。
          セカンドは外崎修汰が居ますし、外崎修汰が離脱した時は呉念庭がセカンドを守りました。
          セカンド以外だと打力も含めて厳しいですよね。
          外崎修汰が離脱した時に山野辺翔も故障したのが全てだと思います。
          チャンスを逃しましたよね。
          出来る事なら他球団に出した方が本人の為だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました