榎田大樹と小川龍也が戦力外

戦力
スポンサーリンク

榎田大樹と小川龍也に戦力外通告をした事が発表されました。

一軍の戦力にならなかったらクビになりますよね。

榎田大樹は一軍での登板が0試合でしたから戦力外はしょうがないです。

故障も有りましたからね。

小川龍也は手術で出遅れた影響も有りました。

あとは公文克彦をトレードで獲得したので役割を奪われましたね。

保険で残すかもと思ってましたけどもそんなに甘くは無いですね。

内海哲也は残ったので来年も残留という事なんでしょう。

榎田大樹と小川龍也は現役続行だそうです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. 通りすがり より:

    驚きです。クビになるのは左投手だと吉川と佐野だと思ってました。実力的には齊藤大将ですが、彼はドライチで獲得してしまったので引退後もスカウトなどで面倒見るつもりでしょう。
    二人は給料がそこそこなので(安くはない)クビにしやすかったのでしょう。シーズン中も特に榎田は全く使わないので、今考えると早い時期からそんな話だったのかと思いました。ノーコンの佐々木を先発させて、制球力抜群の榎田を干してましたからね。二人共外様なのも切りやすかったのでしょう。二人には優勝の一翼を担ってもらい感謝しかありません。

    • sakano より:

      伊藤翔が育成契約に切り替えになると思うので代わりに誰が残るのか?ですね。
      吉川光夫はまだ可能性としては有ると思います。
      齊藤大将も育成契約に切り替えでしょう。

  2. YOSHIKI より:

    トミー・ジョン手術を受けた粟津凱士、齊藤大将、伊藤翔の3投手については戦力外からの育成契約へ変更になるでしょう。これに加えて、二軍でも炎上していた吉川光夫、中塚駿太の2投手が戦力外だと考えていたので、榎田、小川両投手の戦力外は不満ですし、納得いきません。

    榎田は1年間ローテーションに入ることは難しいですが、内海と組み合わせて隔週先発登板したり、谷間の先発くらいはやれます。十亀とセットで第二先発としての働きも期待できます。実力不足で女遊びでトラブルを起こした佐々木健投手よりは期待できます。

    小川投手は左封じに固執せず1イニングを任せる中継ぎとしては期待できます。右打者は結構抑えていましたから。中継ぎ左投手=左打者封じとしか考えていない辻監督の先入観によって評価が低くされたように思えます。

    武隈投手、公文投手が来年も好調とは限りませんし、この判断については大いに不満です。

    • sakano より:

      世代交代をしたいのでまずはベテラン投手からという事だと思います。

      まだ65人とドラフトで6人指名しているので枠が足りません。
      フェニックスリーグ後に追加を発表されるでしょう。
      どうしてもドラフトで指名した人数分は支配下人数を減らす必要が有りますからね。

      • YOSHIKI より:

        後6人減らすなら、トミー・ジョン手術の3人と吉川光夫投手、中塚俊太投手、駒月仁人捕手の3人ではないかと思います。シーズン終盤起用されましたが、戸川大輔外野手も厳しいと思います。山野辺翔選手は今年は戦力外は無いと思いますが、来年も一軍戦力にならなければ厳しいでしょうね。

        来年は立教大・山田健太二塁手、明治大・村松開人二塁手、立正大・奈良間大己遊撃手と大学生二遊間の人材が粒ぞろいです。逆に大学生捕手は今年より質が落ちます。今年古賀捕手を獲得したのは大正解です。二遊間で今二軍でチャンスをもらっている選手は来年結果を出さないとこれらの選手と入れ替えになるでしょう。その崖っぷちにいるのが山野辺選手だと思います。

        左投手については、佐野泰雄投手が年齢的にも崖っぷちでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました