最下位の危機は無いのか?

雑談
スポンサーリンク

最下位に転落して残り3試合です。

最下位転落の可能性は10月に入ってから常に有った訳ですけども10月19日に転落しました。

辻発彦監督は続投要請の報道が有ったからなのか余裕ですよね。

中村剛也を休ませてる場合では無いと思います。

森友哉と中村剛也が居ないと打線は機能しないですよ。

Bクラスが確定したから辻発彦監督の起用と打順の組み方が変です。

若手選手を使うにしても最低限の戦力は残すべきです。

若手枠はサード、レフト、センター、ライトで良いのです。

最下位でシーズンを終了となると42年ぶりのという不名誉なので辻発彦監督の続投は無しにして欲しいです。

42年ぶりの最下位は責任が重過ぎます。

コーチに責任をというだけでは無理です。

辻発彦監督と場合によっては渡辺久信GMにも責任を取って貰わないと駄目だと思います。

42年ぶりの最下位だった場合に辻発彦監督の続投で「今年は残念でした。来年に期待しましょう。」と簡単に切り替えるのは無理です。

誰も責任を取らずに終わらせて良い問題でも無いです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました