最下位転落を回避【ファイターズ戦・22回戦】

2021年・公式戦
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

試合結果

勝利


最下位転落はギリギリで回避しましたね。

 

松本航が好投でした。

抜群に良かった訳では無いですけども要所を抑えたと思います。

援護点を貰った6回からは一段と良いボールを投げてました。

全体的にはちょっとボールは高かったと思います。

9勝ですね。

二桁勝利まであと1勝です。

次の登板ですね。

中村剛也が先制2ランHRと追加点のソロHRを打ちましたね。

2打席連続の本塁打を打ちました。

歴代14位の長嶋茂雄氏の444本塁打まであと3本です。

平良海馬が20ホールド、20セーブを達成しました。

パ・リーグでは初だそうです。

20ホールド20セーブは40セーブと同等の価値が有りますよね。

栗山巧の2番起用は時期を考えたら悪手だと思います。

何の為の起用なのかが分かりません。

栗山巧は四球を選べるので出塁を考えたら2番起用は最適ですが問題はその後です。

出塁しても若い頃のように走れません。

走塁も落ちてます。

そして長い期間を2番で起用出来ないです。

今は来年の為に2番を打てる選手を居る選手で探す時期だと思います。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました