ファイターズ打線なら抑える事が出来そう

試合前
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

今井達也が先発ですね。

昨日(10月1日)の北海道日本ハムファイターズ打線を見る限りでは今井達也だったら7回くらいまで抑えられそうに見えました。

札幌ドームのマウンドは高いので今井達也も投げ易いと思います。

スピードガンも甘いので150キロ後半が出るかもです。

 

D.バーヘイゲンに対しては左打者を中心に起用した方が良いですね。

ただ栗山巧は相性が悪いです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. 福岡のレオ党 より:

    相も変わらずのフルカウント投法です。森捕手も打撃どころではないだろう。彼の先発の時はDHで打撃専任の起用が正解であろう。とにかく野手の一番嫌いな投手確定であろう。この投手を観るときは、ストレス大である。後ろで守っている野手もさぞかし疲れるだろう。オリックスの中継にチャンネルを変えると、山本投手の予想通りのピッチングを目の当たりにする。彼の経歴を見てみると2軍で無双の戦績であり、自己努力と育成力で資質開花の典型であろう。甲子園夏優勝投手の肩書は凄いが、野球に対する取り組みの姿勢に大きな差があるのであろう。また、球団の育成法にも違いがあるのだろう。中6日の調整方法はどの様なものなのだろう。私なら、極端に言えばチームに帯同させ岡田捕手専任の調整を課せたい。そして、試合でもコンビを組ませたい。上がってくるのを待つ余裕など無い。『プロの投手って、ストライクなんて眼をつぶっても大丈夫』のイメージなんだが。さて、明日は渡邊投手の予告先発ですが、恐らく・・・・・・。よっぽど、腰を据えてチームづくりに専念しなければ、暗黒時代を迎えそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました