自力CS出場の可能性消滅は逃れたけども【バファローズ・22〜24回戦】

カードのまとめ
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

3タテだけは何とか阻止して自力CS出場の可能性消滅を阻止しました。

ただ負け越しているので厳しい状況が続きます。

首の皮一枚で繋がってる状況で負け越しが続けば自力CS出場の可能性は消滅します。

 

打線は深刻だと思います。

若手投手を打ち崩したから良くなったとは思えないです。

山川穂高は本当に何とかしないと駄目だと思います。

外す事をせずにスタメンで起用とか我慢強いというか、逆効果のような気もしますけどね。

 

髙橋光成で何とか勝ったという感じです。

明日(9月22日)以降が怖いですけどね。

今週は髙橋光成の登板は無いですからね。

松本航と今井達也の頑張り次第です。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    山川起用は田辺前監督流に言えば、いねーんだよ!!といったところでしょうか?メヒアの退団も重なり、意外と西武に一塁手がいないことが浮き彫りになりました。渡部、ブランドン選手の2人獲りはある意味必然でしたと言えるでしょう。

    一軍での若手育成主体起用には反対の立場ですが、今の状態なら山川選手より渡部選手の方が良い気がします。ただ、渡部選手も足を怪我して二軍戦で先発落ちしていますから、自ずと候補はブランドン選手になるでしょう。9回で延長戦無しですから、代走、守備要員は必要最小限で良いです。平沼選手は二軍で打力強化して欲しいですね。ブランドン選手と、高木渉選手を一軍昇格させて欲しいです。現状では、金子侑司選手の一軍での必要性を感じません。なぜなら、サード中村、DH栗山、ファースト呉、レフト高木渉、センター岸、ライト川越の布陣で臨めば、自ずと愛斗選手がレベルの高い外野の守備固めになるからです。サードの守備固めには山田遥楓選手がいます。

    投手は高橋光、松本航、今井、渡邉勇投手の4人の奮起と浜屋、與座、内海、本田、ニールの流動的な先発予備候補に期待するしか無いです。リリーフ陣がわずかに復調傾向にあることが救いです。平井、十亀、水上、田村、武隈、公文、ギャレットで中盤をしのいで、森脇、増田、平良につないで欲しいです。

    さて、現時点での西武の残り試合は、オリックス戦1試合、ソフトバンク戦5試合、ロッテ戦6試合、楽天戦7試合、日本ハム戦8試合です。

    オリックス戦は残り1試合ですし、西武と相性が良いので最後1試合は主力投手をぶつけてこないでしょう。というか西武以外は苦手球団なので、先発にぶつけるならせいぜい山﨑投手くらいだと思います。ここで1勝を拾わせてもらいたいですね。

    今日からは対戦を多く残している楽天とロッテ相手にホームで5連戦です。楽天には大きく負け越しているだけに、7試合でどれだけ勝てるかが勝負です。まずは浜屋投手、松本航投手で憎き楽天を粉砕しましょう。お得意先のロッテには3連勝で上昇気流に乗りたいですが、金曜日の先発がいないですね。土曜日が今井投手、日曜日が渡邉勇太朗投手、本田投手は二軍落ちしたばかり。與座投手は20日(月)に6回101球を投げてしまっています。何とも間が悪いです。まさかの平井投手でしょうか?気になる内海投手は二軍では15日に3回を投げていますから、中8日での先発があるかも知れません。5回を投げてくれれば御の字ですから、23日の松本航投手には7回120球は投げて欲しいですね。出来たら完投勝ちして欲しいです。

    苦しい状況は承知の上ですが、感情的悲観論ではなく、建設的楽観論で行きましょう。オリックスも楽天も西武以外には対戦成績は良くないです。オリックス戦はあと1試合なので引きずり下ろすのは他力本願になりますが、楽天については残り7試合を勝ち取れば年間勝ち越しはもう出来ませんが、楽天はかなり苦しくなります。今日からの楽天ホーム2連戦は2連勝が必須です。まずは、浜屋投手の奮起に期待したいです。

    • sakano より:

      金曜日は誰が投げるかは決まってるのでしょう、
      1週間前から準備しますからね。

      現実的に考えて優勝は無理です。
      27試合で12.5ゲーム差は不可能です。

      CSも3位の東北楽天ゴールデンイーグルスまで6.5ゲーム差です。
      残りの東北楽天ゴールデンイーグルス戦を全勝しなければ無理という事です。

      全ては東北楽天ゴールデンイーグルスとの2連戦です。
      ここが分岐点になるのでしょう。
      当然ですけども負けたら終わりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました