山川穂高を何とかしないと勝てない

雑談
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

山川穂高を何とかしないと勝てないと思います。

何とかというのは打撃フォームを修正では無いでふ。

試合前の練習で打撃フォームを修正しても成果が出るとは思えないです。

何とかというなはスタメンから外すという事です。

あまりきも打てないのでしょうがないと思います。

仮に今日(9月19日)の試合でスタメンで起用して本塁打を打ったとしても次の試合は期待出来ないです。

使い続ければいつかは本塁打を打つでしょうけども本塁打の為にチャンスで三振しても我慢というのは無理です。

チーム状況を考えるとそこまでの余裕は無いです。

 

消化試合として割り切るなら起用しても良いですけどね。

それだったら渡部健人やブランドンなどの若手選手も起用しないと意味が無いです。

C.スパンジェンバーグや金子侑司が一軍に居る意味は無いです。

C.スパンジェンバーグは試合に出ないのに一軍に居る意味は良く分からないですけどね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    対談企画で、落合博満氏に自分はダウンスイングしていた、骨盤が歪んでいるので結果として真横からスイングしているように見えただけと言われ、ダウンスイングを取り入れているようですが、ただ体の開きが早くなっただけのように思えます。

    山川選手の場合は木こりが気を切り倒す形で横から振るイメージで良いでしょう。それで打てていたのですから、打率を求めて変えた結果、良さが失われてしまっては無意味です。

    本来は打撃コーチが指導すべきです。それが今の阿部、赤田氏には出来ない。中村、栗山選手は聞かれたらアドバイスするでしょうが、現役なので自ら先んじて教える事はしないでしょう。

    一軍打撃コーチは一から十まで教える必要はありませんが、良い部分が崩れているなら、適切な介入をすべきです。また、一軍打撃コーチには選手が聞いてきたら適切なアドバイスが出来る人が望ましいです。

    私は大久保博元氏か和田一浩氏を望みます。

    まずは金子侑司選手を二軍に落として、ブランドン選手か渡部選手を上げるべきです。

    • sakano より:

      山川穂高は打撃フォームを変えたのが全てです。
      戻そうとしても完璧には戻せないのが今の状態だと思います。
      打撃フォームに関しては本人の感覚の問題なのであまりコーチは介入出来ないと思います。
      プライドが有るので山川穂高も赤田将吾打撃コーチ、阿部真宏打撃コーチの指導なんて聞かないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました