ライオンズにも「中田翔移籍」のような団結出来る出来事が欲しい

埼玉西武ライオンズ
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

ライオンズにも北海道日本ハムファイターズのように団結出来る出来事が起こって欲しいですね。

北海道日本ハムファイターズは中田翔のトレード放出で明らかに変わりました。

誰かが引退を表明してその選手の為にチームが団結するアレに似てます。

ライオンズは松坂大輔が引退を表明してますけども殆どの選手は関わりが無いので団結する要因にはならないです。

中村剛也や栗山巧はまだ引退しないですし、引退を決断されても困りますからね。

 

あとは辻発彦監督の今季限りでの辞任表明しかないですかね。

誰もが予想している事なので起爆剤にはならない可能性が有ります。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    sakanoさんが挙げた松坂大輔投手引退の餞、ベテラン選手引退の餞、辻監督勇退の餞の3つと中田翔選手移籍の日本ハムの結束は似て非なる物だと思いますよ。

    前者3つは前向きな結束ですが、中田翔選手移籍後の日本ハムの結束は組織に悪影響をもたらす人物がいなくなる事による事態の好転です。

    日本ハム三連戦に向けて明るい材料を探しているのでしょうが、単純に、良い試合をして一つでも多く勝つ姿を見てもらう。優勝を諦めず最後まで勝ちを目指して戦い抜く。単純にプロ野球選手としての矜持を持てば良いだけな気がします。

    まずは、近視的に考えれば、最下位だけはなりたくない。その為にまずは日本ハムに3連勝して、ファイターズを奈落の底に突き落とす。その気持ちだけで良いでしょう。

    • sakano より:

      理由はどうあれまとまってる事には変わりないのでね。
      理由なんて何でも良いのです。
      まとまる何か出来事が起これば何でも良いです。
      北海道日本ハムファイターズのように一度バラバラになってからまとまるというのは勘弁ですけどね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました