13カードぶりの勝ち越し【バファローズ戦・19〜21回戦】

カードのまとめ
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

13カードぶりの勝ち越しです。

9月の中旬にようやく後半戦で初めての勝ち越しですからね。

 

先発投手ですね。

オリックス・バファローズとのカードは先発投手が好投したから勝ち越せたという感じです。

今井達也と渡邉勇太朗の好投が一番の要因です。

 

あとはC.スパンジェンバーグが元同僚のC.バルガスと得意の山﨑福也から打ったからです。

最後のご奉公という感じですかね。

このカードでは打ちましたけども今後も打てるとは思えないです。

信用は出来ませんよね。

 

勝ち越しましたけども不安要素は有ります。

今井達也が次回も同じくらいのピッチングをしてくれるのか?という点と松本航がどうなるかです。

野手では山川穂高の死球の影響が心配です。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました