今井達也が6回までノーヒットピッチングの好投で完封【バファローズ戦・20回戦】

2021年・公式戦
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

試合結果

勝利


先発の今井達也が好投でした。

6回までをノーヒットに抑えるピッチングで完封勝利です。

13奪三振と三振も多く奪いました。

本当に別人のようでした。

フォームが前回と違います。

またフォームを変えましたね。

今回は良い方に出したけども逆だった可能性も有りました。

今井達也も今回のフォームで固めて欲しいですよね。

ちょっと結果が出なかったり納得したボールが投げられないとすぐにフォームを変えます。

少し変えるのなら良いですけども腕の位置まで変えますからね。

フォームを頻繁に変えるとコントロールが良くならないです。

 

攻撃は山川穂高の先制タイムリーツーベースを手始めに7得点です。

山本由伸に比べたら攻略して当然という投手ですけどね。

5回の攻撃を毎試合出来ると得点力が上がります。

 

岸潤一郎の打撃は良かったです。

初回は三塁打、5回は犠打と2番打者の役割を果たしてました。

もっと四球を選んで出塁出来たらもっと良かったです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました