ドラフトの1位と2位は投手でも

ドラフト
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

ドラフトの1位と2位は投手でも良いと思って来ました。

あまりにも先発投手が酷いです。

 

1位で左投手を指名して2位で右投手を指名しても良いですし、1位で右投手の高校生を指名して2位で左投手を指名しても良いと思います。

ただ3位と4位は野手という事にしないと駄目でしょうけどね。

2位で左投手の使命は抵抗が有る人も居るでしょうけども今のままだと2位指名でも1位クラスの投手を指名出来そうです。

 

2位で変な独自路線の指名をしなければそこそこ良い投手を指名出来ると思いますけどね。

あとはスカウトの調査力だと思います。

去年のドラフトの失敗は渡部健人と佐々木健が入団前に故障してたのが影響しました。

渡部健人は幸いにも新人合同自主トレだけの影響でしたが、佐々木健は明らかに故障の影響が出てます。

菊池雄星、大石達也二軍投手コーチ、西川愛也の時もですけども故障の具合とかは見極めないと入団後に困る事になります。

タフな選手は投手、野手共に大事です。

タフな面では松坂大輔、涌井秀章、岸孝之、中村剛也はタフでした。

中村剛也なんて顔面骨折でも試合に出てましたからね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました