また山本由伸と対戦

連戦前
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

オリックス・バファローズとの3連戦ですね。

また山本由伸と対戦ですよ。

7度目です。

オリックス・バファローズと金曜日からの連戦が多過ぎだと思います。

球場が変わっただけですよね。

幸いな事に宮城大弥はこのカードでは登板しませんね。

山本由伸と宮城大弥をセットで当てられていたのでやっと解放されました。

ただ来週も同じカードなんですよね。

土曜日からの3連戦と曜日は少しズレますけどね。

日程を考えたのは誰なんでしょうか?

何で2週連続でオリックス・バファローズと対戦しなければならないのでしょうかね?

先発投手もほぼ一緒ですよ。

 

ライオンズは松本航、今井達也、渡邉勇太朗ですね。

このカードは松本航と今井達也次第です。

この2人で勝たないと厳しですよね。

渡邉勇太朗に重圧を掛けるのは避けたいです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. 福岡のレオ党 より:

    格の違いをまざまざと見せつけられました。真っ直ぐ、変化球、決め球、制球、キレとどこを見ても山本伸には及ばない。何回対戦しても、松本は山本には勝てないだろう。すべてのプライドを投げ捨て、一からの出直しを図らなければこの世界では先が知れていると見た。絶対的なエースを育成しなければならないと見た。可能性があるとしたら、平良の先発変更以外に無い気がします。ソフトの千賀、オリックスの山本に肩を並べる先発の柱を育成しなければ話にならない気がします。

    • sakano より:

      山本由伸は日本代表のエースと言っても良いくらいの投手ですからね。
      松本航と比べる事自体が失礼でしょう。

      平良海馬の先発は成功するなら良いですけども抑えで投げている時のピッチングを6イニング以上出来るのか?という問題が有ります。
      スタミナ温存の為に球威が落ちたら先発転向する意味が無いです。

      • 福岡のレオ党 より:

        最近の平良投手の投球スタイルは、力でねじ伏せるというよりアウトを3つ取るというように見えます。彼の中では先発転向は依然として根付いているように思えますよ。中6日の時間を上手く自分の成長に活かせる術を備えているようである。先発転向が上手く行くかどうかは誰も分からないが挑戦する価値はあると思います。どちらにせよ、新監督の考え次第である。一方、松本投手は先発ローテを外して中継ぎへの転換を考慮すべきではないか。そこそこの真っ直ぐ以外は、これぞという変化球を持ち得ない。短いイニングでの起用が得策であろう。彼に6日の間隔を与える価値なしである。大学時代の余韻に浸っているのだろう。他球団ではローテは無理である。そこがチーム低迷の一因である。ロッテの佐々木投手のように、プロの世界で自分の位置を築くのはそれ相当の出直しの覚悟があったろう。彼に一からの出直しの覚悟があるか!いずれにしろ、力のないものは消えていく世界でありそこに身を置いているという自覚を持たなければ先は見える。

        • sakano より:

          平良海馬の先発転向はスタミナ問題が解決するのと抑えの後釜が見つかればだと思います。
          平良海馬が先発転向して抑えが居ないとなったら意味が無いです。

          平良海馬か変化球を多投するのは去年のストレートの被打率が高いからだそうです。
          ストレートを狙われないように変化球で散らしてるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました