若手起用に切り替えたら?

雑談
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

渡部健人、ブランドン、高木渉が二軍で調子が良いです。

打ってる訳ですから使わないのはどうかと思います。

 

若手起用に切り替えた方が良いと思います。

福岡ソフトバンクホークス、北海道日本ハムファイターズは切り替えました。

ライオンズはベストメンバーで11カードで勝ち越し無しです。

これが今の実力という事です。

来年の為に動く時だと思いますけどね。

 

C.スパンジェンバーグ、平沼翔太を二軍に降格させて渡部健人と高木渉を昇格ですかね。

ブランドンはこの前昇格したので次です。

中村剛也と栗山巧を指名打者で併用してサードに渡部健人、レフトに高木渉で良いと思います。

呉念庭はファーストで山川穂高と併用というか、呉念庭がファーストを守る時は山川穂高は指名打者で起用です。

3連戦だったら山川穂高、中村剛也、栗山巧が1試合ずつ指名打者で起用です。

たまに栗山巧はレフトで起用してその時は高木渉と愛斗がライトで併用です。

川越誠司と岸潤一郎はセンターで併用ですかね。

 

打順選手名守備位置
1番源田壮亮遊撃手
2番岸潤一郎/川越誠司中堅手
3番森友哉捕手
4番山川穂高指名打者/一塁手
5番外崎修汰二塁手
6番呉念庭/中村剛也/栗山巧一塁手/指名打者
7番渡部健人三塁手
8番高木渉左翼手
9番愛斗右翼手

打順は今のオーダーをベースで構いません。

山川穂高を4番にしたのは来年の奮起を期待してです。

来年は中村剛也と栗山巧を代打に追いやるくらいじゃないと駄目だと思ってます。

 

ブランドンは二軍でレフトやライトの練習をして欲しいです。

サードとファーストでは勿体ない肩をしてます。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    私の考えは終始一貫して同じです。外国人選手が全然活躍していないから、若手を使いながら育てるしか無い。ただ、若手を育てる事が一軍の目的では無く、勝つために選手層の薄い西武は多少の抜擢をするしか無いだけです。

    残念ながら軸となるのは栗山、中村の両ベテランと森友哉選手です。その意味で中村選手の4番を外すのは賛同できません。リーグ10位の打率、リーグ7位の打点を稼ぎ出す中村選手こそ4番に相応しいです。確かに理想は中村、栗山両選手を6,7番に据えられるような状態にならないといけませんが、今はその時ではありません。山川選手が2割6分~7分、25本塁打を放っていれば、中村選手を少なくとも5番に下げられるのですが、情けない限りです。

    中村選手と栗山選手は変わる番でDHに入れて2人同時に使うことが前提です。2人を休ませる時に、中村選手の代わりに渡部、ブランドン選手、栗山選手の代わりに高木渉選手を抜擢するくらいでしょう。基本的に外野手は川越、岸、愛斗選手、内野手は呉選手を現在のレギュラーに加えて起用するくらいです。

    渡部、ブランドン、高木渉選手を起用すれば、好調なので1,2本のホームランはすぐに打つかも知れませんが、チームが浮上するには山川選手の爆発が欠かせないでしょう。

    圧巻の投球を期待できるのは高橋光成投手くらいですが、他の先発投手でも最低限ゲームを作ってもらって、打撃戦で勝ちをもぎ取るしかありません。今からでも遅くありません。嶋三軍野手コーチの一軍打撃総合コーチへの配置転換を望みます。DeNAを見てください。指導力に定評のある田代氏が一軍帯同してからDeNAの打線は復活しました。確かに打撃コーチの指示に万能な物はありませんが、データ分析に基づいた明確な指示は、経験不足の選手の不要な迷いを減らし、自信を持って打席に入れるようになります。それが好結果を生みます。

    どこかが優勝するまで諦める必要はありません。苦しくても、ホームが今月は圧倒的に多い利点を生かして借金減らし、借金返済を目指したいです。

    繰り返しますが、若手を育てる事が一軍の最終目標であってはいけません。選手層が薄いから適宜若手を抜擢して勝ちを拾う。ただそれだけです。中村選手、栗山選手、森選手の3人を中心にした上で、レギュラー不在の外野を中心に若手中堅を抜擢するだけです。あくまで勝つための手段に過ぎません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました