栗山巧はあっさりと2000本安打を達成

雑談
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

栗山巧はあっさりと2000本安打を達成しましたね。

普通は重圧で1999安打目で苦しんであと1本が出ない選手が多いですけども1999安打になった次の日に達成でした。

これで栗山巧も肩の荷が下りたでしょう。

 

2000本安打を達成する為に今年から3年契約の複数年契約でしたよね。

出来れば来年からコーチ兼任でやって欲しいです。

年齢を考えたら問題は無いと思います。

2年コーチ兼任をやってその後はコーチに専念して貰って最終的には監督ですね。

将来の監督は確実だと思います。

問題は中村剛也とどちらが先に監督をするのか?です。

 

とりあえず2000本安打を達成して良かったです。

一つの大イベントが終わりました。

不満を書くなら試合に勝って欲しかったですし、出来れば本拠地で達成して欲しかったです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    高い技術と素晴らしい人間性を考えれば、将来のコーチ、監督候補であることは間違いありませんが、来年からの選手兼任には反対の立場です。

    まずは1選手として西武ライオンズで現役を全うして欲しいです。引退は栗山選手が決める事です。

    右足の古傷があって、若い頃程のパフォーマンスができなくなっているのは間違いありませんが、その栗山選手をベンチに追いやる程の若手がいないのも事実です。良き先輩として、若手が真剣に相談すれば、アドバイスはしてくれるでしょう。

    来季は指導力のある打撃コーチを配置して欲しいものです。

    • sakano より:

      本当は栗山巧や中村剛也を引退に追いやるくらい若手、中堅が頑張らないと駄目なんですけどね。
      だからこそ中村剛也と栗山巧に育てて欲しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました