野手を育て易い環境

チーム改革
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

ライオンズは本来なら野手を育て易い環境です。

何故なら一軍の本拠地と二軍の本拠地が異常に近いからです。

そして関東での試合なら二軍の試合に出場してからという事も可能です。

この利点を活用すべきだと思います。

 

渡部健人や高木渉を一軍に昇格させて二軍の試合に可能な限り出場させながら一軍の試合に出せば実戦経験を多く積めます。

親子ゲームの場合はデイゲームは二軍で、ナイトゲームは一軍でとダブルヘッダーという事になります。

体力は必要ですけどもそこは上手く休ませながらだと思います。

他球団にはあまり真似出来ない方法だと思います。

千葉ロッテマリーンズや横浜DeNAベイスターズなども出来ない事は無いですけども一軍の本拠地と二軍の本拠地が離れているので試合に出られる時間は減ります。

一軍の本拠地、二軍の本拠地、寮が徒歩で移動出来る距離に有るのがライオンズの利点です。

投手は肩は消耗品なのでこの育成方法は無理です。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました