「現役ドラフト」は選手会の案では無理

雑談
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

「現役ドラフト」について話し合ってるみたいですね。

対象になる選手のリストアップに関して選手会は「一軍の登録日数などが一定基準に満たない選手が自動的にリストアップされる案」を出してますが、これでは「現役ドラフト」が開催されるのは難しいと思います。

選手会は球団側の案の各球団がリストアップする案て了承しないと「現役ドラフト」自体が無くなると思います。

選手会が優先する事はどんなルールでも良いから「現役ドラフト」が行われる事です。

12球団が了承しないと無理な訳ですからまずは「現役ドラフト」を了承させる事を優先した方が良いと思います。

ルールなんて後で変えられます。

球団側にメリットが無いと了承はされないですよね。

最初は自由契約になる前に移籍するチャンスをという制度をで良いと思います。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました