佐々木健が新型コロナ感染防止ルール違反で1ヶ月の対外試合禁止処分

情報
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

佐々木健が球団が定めている新型コロナ感染防止ルールに違反をして1ヶ月の対外試合禁止処分と発表されました。

2度ほど知人女性と会っていてその報告をして無かったみたいです。

同居家族以外との接触と報告漏れの罰則ですね。

寮暮らしだから厳しいルールが有るのかなぁと思います。

 

佐々木健の気持ちは分かりますけどね。

知人女性は交際している女性でしょう。

そりゃ会いたいでしょうよ。

ただ今は我慢してという事なんでしょうけどね。

他の選手は守ってるのだからルールを破ったからには罰をという事なのでしょう。

 

1ヶ月の対外試合禁止処分は厳しです。

2週間の自室謹慎で良いと思いますけどね。

 

オリックス・バファローズは遠征先のホテルに女性を呼んで3対3の合コンをしてたのに注意だけで済ませましたよね。

確か杉本裕太郎、小田裕也、大城滉二でした。

杉本裕太郎は既婚者で女性を部屋に誘って断られてます。

「NPB新型コロナウイルス感染予防ガイドライン」に抵触しているのにレギュラーで試合に出て貰わないと困るから注意だけで済ませました。

球団でやっぱり危機管理の差が有りますね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. 福岡のレオ党 より:

    2アウト満塁での岸の初球見逃しは、納得できない。甘い真っ直ぐを見逃して勝負あり。プロ野球選手は個人事業主であることを教育していないと診た。この世界で飯を食っていくには、内外の闘いで生き抜く覚悟を教えて行かなければ。打てなければ自己責任であり、自分の力を発揮出来るチャンスを見逃しちゃもったいない。チャンスで甘い初球を見逃し、ボールになる2球目を空振りするなんて最悪である。プロに入るのが目的で、プロで飯を喰って行く覚悟までたどり着いていない選手が多いようである。勿論チームプレイは大切だろうが、最後は打てなければ、投げきれなければ自己責任で去らなけれはならない世界に身を置いていることを肝に銘ずべき。最後に山川選手だが、何かこのままで終わりそうな気がします。安泰と思った時が、その隙が怖い世界である。以上。

    • sakano より:

      ノーヒットという重圧に負けたと思います。
      千賀滉大と勝負する前に追い詰められてる感じです。

      山川穂高は本当に打たないとファーストなので外国人選手に奪われますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました