渡邉勇太朗がプロ初先発初勝利【イーグルス戦・15回戦】

2021年・公式戦
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

試合結果

勝利


渡邉勇太朗がプロ初先発初勝利ですね。

5回まで1失点の好投でした。

もう1イニング投げられたと思いますけども疲れも考慮したのでしょう。

あと投げさせたい投手も居たから5回までだったのだと思います。

大量得点の援護が有ったので好投出来たと思います。

 

打線が涌井秀章を攻略ですね。

涌井秀章は何故か打てます。

 

外崎修汰が3安打1四球でした。

辻発彦監督の指導の成果なのでしょうか?

選手への指導は優秀だと思います。

 

森友哉が2安打4打点なのは当然というかね。

そのくらいは打つ選手です。

ブロッキングが上達してます。

練習をしているみたいですからね。

森友哉は体格が小さいので反応と動きでカバーするしか無いです。

身に付けるには練習を繰り返すしか無いですよね。

 

愛斗は打ったのは1打席目だけなので満足はしては駄目です。

たまに打てば良いという選手ではなく将来的には5番くらいを打って欲しいので3打席の凡打を反省して欲しいです。

 

増田達至が登板して無失点でした。

ただ危ないスライダーも有りましたよね。

スライダーのコントロールの問題なのでしょうかね?

点差が有ったのでフォークとか試せば良かったのにと思ってしまいます。 

 

平良海馬の失点はそこまで心配する必要は無いと思います。

登板間隔が空き過ぎましたからね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    渡邉勇太朗投手については、二軍でも先発ローテーションで先発としての球数を投げてきた訳ではないので降板は仕方ない気がします。来週日曜日も投げさせるとなると、首位オリックスに対して敵地で投げる事になり流石に負担が重すぎます。1回飛ばして再調整、29日(日)のメットライフでの日本ハム戦に投げさせるのでは無いでしょうか。22日(日)のオリックス戦については、内海をぶつけてブルペンデーになると考えています。日曜日なら多くの投手をつぎ込めますから。ただ、増田も平良も本調子ではないので、内海、與座のW先発で7イニングを持たせる形を取るのが良いと思います。残り2回なら調子の良い投手2人で賄えますから。

    来週の前半は木曜日が本田圭佑になると思いますから、與座を第二先発で待機させるのが良いでしょう。3イニングだけなら中3日で日曜日の第二先発も可能ですから。ただ、ブルペンの計画的な運用をするには、高橋光、ニール、松本航、今井の4人については7回110~120球はしっかり投げてもらわないと困りますね。

    森の守備は確実に上手くなっています。肩は西武の中で断突ですし、正捕手の風格が着いてきました。疲労だけが心配です。

    外崎はこのまま1番固定で良いでしょう。愛斗は1本で良いから毎試合ヒットを続ける事が大切です。後は代走と外野守備についても川越を優先して欲しいです。結局金子侑司を使い続けるならば、木村を出した意味が薄れてしまいます。

    • sakano より:

      與座海人はロングリリーフで昇格させて欲しいです。
      Z.ニールもエキシビションマッチでは打たれてるのでちょっと怪しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました