ライトを愛斗で固定しなくて良い

雑談
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

ライトを愛斗で固定して起用してますけども固定する必要はまだ無いと思います。

まだレギュラーを獲得した訳では無いですし、競争を促して欲しいです。

愛斗もまだ競争中という事を意識すればもっと打撃などを考えるでしょう。

 

センターとライトを固定せずに岸潤一郎、愛斗、川越誠司、鈴木将平か高木渉で併用して欲しいです。

例えばセンターは岸潤一郎と鈴木将平で併用して、ライトは愛斗と川越誠司で併用です。

結果を残せば起用し続けて無安打だったら次の試合のスタメンで変更です。

競争をさせた方が選手は成長します。

平等にチャンスを与えて結果を残した選手がレギュラーの座を奪うのです。

 

金子侑司は打撃不振という事で二軍です。

代走や守備要員は熊代聖人で十分です。

レフトは栗山巧や呉念庭を起用するでしょう。

金子侑司が嫌いな訳では無いです。

打てないと話にならないのでしょうがないです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    現在の先発メンバーがベストメンバーの気がします。愛斗については、今年ようやく一軍の壁を打ち破りました。呉についても同じです。後は二人とも年間を通して安定した成績を残せるかどうかです。愛斗が優遇されているのは、昨日のトリプルプレーを見ても分かるように守備の安定感でしょう。中日・平田良介選手と同様に見た目はごついですが俊敏な動きをします。今までは守備力で木村が優遇されていましたが、打撃の好不調の波が大きく、好調期も長続きしないので、年齢的な事もあり放出されました。今試合で使うだけなら木村の方が良かったのでしょうが、また同じ事の繰り返しだと判断されたのでしょう。これからもライトは愛斗が優遇されそうです。木村が腰を痛めたときに、安定して結果を残したからこそ今があります。

    流動的なのはむしろセンターの方ですね。今年は開幕一軍も勝ち取り、首脳陣の期待値も高いのでしょう。ただ、愛斗ほどは結果を出していないので、代わるなら岸の方だと思います。中村の代走にしても川越を起用した方が良いでしょう。愛斗も去年までは代走辺りから出場機会を増やしていきました。

    競争社会ですが、与えられた時に結果を出したかが次のチャンスをもらえるかの鍵になるので、現状仕方ない気がします。

    • sakano より:

      外野手は守備だけで使われるというのでは駄目です。
      ある程度の打撃が出来ないと厳しいですよ。
      愛斗は打撃が粗くなってるので向上心を持たせる為にもライバルは必要だと思います。
      このままだと木村文紀みたいになりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました