乱打戦で負けてしまう【イーグルス戦・14回戦】

2021年・公式戦
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

試合結果

敗北


乱打戦で負けましたよ。

点の取り合いでしたけどもリリーフ勝負という面も有りました。

今回の試合では打撃、リリーフともに負けたという事です。

 

増田達至の2失点で勝ち越しを許したのが一番の敗因だと思います。

二軍でも失点しているのに一軍で使った辻発彦監督の責任ですよね。

名前だけで抑えられるほど甘く無いです。

 

先発の今井達也はコントロールが悪かったですね。

2年目の投球フォームに戻すのは駄目なのでしょうか?

回転軸と回転数を意識したフォームにしてストレートで空振りを奪えないと駄目だと思います。

 

攻撃では外崎修汰が打ちましたね。

これをきっかけに調子を取り戻して欲しいです。

ただ信用は出来ないので1番起用は厳しいと思います。

せめて源田壮亮と打順を入れ替え欲しいです。

 

攻撃でのポイントは5回裏の呉念庭の打席だったと思います。

空振り三振は駄目です。

外野フライは打たなければならなかった打席でした。

後半戦は呉念庭の得点圏打率を信用しない方が良いのでしょうかね?

 

これでこのカードは負け越しです。

ホームで負け越しは大ダメージです。

厳しくなって来ましたね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました