岩本久重 捕手 (早稲田大学)

2021年ドラフト候補・大学生捕手
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

選手情報

ポジション・捕手

身長/体重・181cm/91kg

投/打・右投げ/右打ち

出身・滋賀県大津市

経歴・大阪桐蔭高等学校

大学リーグ通算本塁打・4本塁打

50m・6秒1

遠投・110m

二塁送球タイム・1.9秒台

動画

感想

体格が良い捕手です。

打撃は中距離打者タイプですね。

意外と右方向への打球が多いです。

肩も十分に強いです。

ミットを構えてから動かさない構えは個人的には好きです。

指名順位

打撃面がそこまで評価は高く無いと思うので5位指名くらいが妥当だと思います。

打撃をアピールするなら打率.360以上は打たないと駄目です。

打撃型の捕手では無いです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    3年春の選抜までは大阪桐蔭高の正捕手でした。選抜直前に骨折し、当時一塁手に転向していた福井章吾内野手(現・慶應義塾大)が捕手に復帰しました。そのまま、夏も福井が正捕手を務め、現在の慶應義塾大でも主将・主軸を務め、正捕手として活躍しています。岩本選手は体格にも恵まれ、身体能力が高いので大阪桐蔭高で正捕手になりました。東京六大学では2年秋からレギュラーを掴みましたが、打撃成績としては4年春までは目立った成績は残せていないですね。比較対象としては、2019年中日4位の郡司裕也選手ですが、東京六大学三冠王の郡司選手が4位指名ですから、岩本選手は4位以下というのが妥当な評価になると思います。4年春に打撃が力強くなりましたが、もう一押し伸びて欲しいですね。個人的にはキャプテンシーがあり、勝ち運も持っている慶應義塾大・福井章吾捕手の方を優先したいです。

    阪神は梅野のFA次第でしょうか?第二捕手に坂本が控え、昨年立命館大から獲得した榮一昨年一昨年中京学院大中京高(現・中京高)から獲得した藤田がいるので、岩本獲得の可能性は低い気がします。戦力が充実しているので、即戦力捕手よりは、スケールの大きい市立和歌山高・松川虎生や県岐阜商業高・髙木翔斗を獲る気がします。

    巨人は炭谷の放出により支配下登録の捕手が5人しかいませんが、一軍レベルが3人いるので、阪神と同様に、岩本よりはスケールの大きな松川、髙木の獲得が優先されそうです。

    ヤクルトは正捕手・中村悠平、第二捕手・古賀優大、二軍若手捕手・内山壮真とバランス良く人材がいるので、岩本指名の確率は低いでしょう。

    中日は正捕手・木下拓也、第二捕手・桂依央利、第三捕手・郡司裕也、二軍若手捕手・石橋康太といるので岩本獲得の可能性は低い気がします。捕手を獲るなら、地元の髙木翔斗でしょう。

    広島は正捕手・會澤翼、第二捕手・石原貴規、坂倉奨吾、中村奨成と人材が充実した捕手王国ですから、岩本指名の可能性は極めて低いでしょう。獲るなら高校生の気がします。

    DeNAは最年長の移籍組の伊藤光が正捕手ですから、可能性はあります。ただ、若手もまだ発展途上ですし、ベテラン・中堅組も正捕手を任せるには決め手に欠けます。プロ経験が豊富な伊藤光ですが、打力は低く、即戦力捕手獲得の必要性があります。ただ、そうだとすれば、下位候補の岩本ではなく、中央大・古賀悠斗、関西大・久保田拓真を2位以内で獲る気がします。

    オリックスは、攻守のバランスの良い伏見が正捕手ですが来年32才です。他は打撃は良いが守備に不安のある頓宮、守備は良いが打力が足りない若月の2人が一軍捕手で、移籍組の松井雅人、高卒ルーキーの中川と合わせて支配下登録の捕手が5名ですから、大卒捕手の指名がありそうです。ただ、この場合はDeNAと同様に、中央大・古賀悠斗、関西大・久保田拓真を2位以内で獲る気がします。地元優先なら、久保田でしょうね。

    ロッテはシーズン途中に加藤匠馬を獲得して、支配下選手は7名いますが、正捕手・田村より下の世代がいないので、岩本獲得の可能性はあるでしょう。ただ、大卒2年目の佐藤都志也がいるので、岩本ではなく高校生になるかも知れません。

    楽天は炭谷が加わり支配下登録の捕手が8名となります。頭数は揃っていますが、期待されている太田光を含めて、打力に難点を抱える選手が多いので、戦力外で選手の入れ替えがあるかも知れません。岩本指名の可能性はありますが、やはり、本気で捕手補強を考えるなら中央大・古賀悠斗、関西大・久保田拓真を2位以内で獲る気がします。

    ソフトバンクは不動の正捕手・日本の正捕手・甲斐拓也が君臨し、栗原、谷川原、海野、九鬼に加えて才能溢れる牧原功汰が今年加わりました。育成選手も3名いるので、岩本指名の可能性は低いですね。指名するなら、栗原、谷川原のように他のポジションも任せられそうな素材型選手になるでしょう。髙谷選手の引退も現実味を帯びているので、1名程度の獲得はありそうです。

    日本ハムの捕手難は深刻ですから、2位以内で中央大・古賀悠斗、関西大・久保田拓真のどちらかを2位以内で獲る気がします。1位投手、2位捕手といったイメージです。この2人が獲れなかった場合に岩本が獲得候補になるでしょう。去年、上武大・古川裕大選手を3位指名しましたが、一軍戦力化の目処は立っておらずドラフト補強が必要でしょう。

    西武の捕手指名は岡田雅利の去就次第の部分はありますが、岡田が残留しても、現在の捕手が1人戦力外になり、1名獲得すると見ています。その場合は岩本久重、慶應義塾大・福井章吾、東京農業大オホーツクキャンパス・古間木大登といった選手を4位以下で指名する形になるでしょうね。森の複数年契約も難しいとなれば、上位で古賀や久保田を獲りに行くか、あるいは高校生の松川、髙木を上位で獲得する一方、下位でも岩本、福井、古間木を獲る形になるのではないでしょうか?

    • sakano より:

      福井章吾選手(慶應義塾大学)は小柄なので捕手は厳しいと思います。
      森友哉は小柄な体格を補う打撃が有るから成立しているだけで福井章吾選手(慶應義塾大学)にそれほどの打力が有るとは思えないです。

      • YOSHIKI より:

        慶應義塾大学・福井章吾捕手はインサイドワークに優れていて、打撃も長打力は乏しいですが、安定感があり、慶應では3番、5番を務めています。コリジョンルールによりホームでのクロスプレーも無いですから、十分にやっていけると個人的には思います。ただ、福井選手本人が体の小ささを不安に思っていて、プロに行くよりは社会人で続けたいという気持ちが強いようなので難しいかも知れませんね。

        • sakano より:

          体(的)が大きい方が投手が投げ易いというのも有りますし、ブロッキングでも止める面積が大きい方が有利ですからね。
          甲斐拓也のような異常に反応が早いブロッキングが出来たり、球界でもトップを誇れる肩と送球の速さが有るなら別ですけどね。
          森友哉は首位打者を狙える打撃の技術が有ります。
          小柄な選手は何か他の選手よりも異常に優れた所が無いとプロでは難しいです。

  2. YOSHIKI より:

    阪神に立命館大から入団したのは榮枝選手です。脱字をお詫びして訂正します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました