中村剛也が「エキシビションマッチ」で守備

情報
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

中村剛也が「エキシビションマッチ」で守備をするみたいです。

守らなくても良いと思いますけどね。

指名打者専門は嫌なのでしょうか?

守備的な理由でも中村剛也よりも呉念庭の方がサードは守れると思います。

中村剛也は横っ飛びとか激しい動きになると怖いです。

守備の方はもう引退で良いと思います。

守らなくてもそこまで問題では無いと思いますけど中村剛也本人は守りたい人ですからね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    中村選手が守りたがりなのもあるかも知れませんが、栗山選手も先発レフト出場が増えて足腰に相当負担が来ているということだと思います。中村がDH専任でも駄目ですし、逆に栗山がDH専任でも駄目だということです。中村、栗山でDHを半々に分けるのがベストという判断でしょうね。2人のバックアップのために獲ったのがスパンジェンバーグですが、守備はたまにファインプレーをしますが、普通の守備が不安定極まりなく、打撃もたまに長打を打ちますが、大抵三振か凡打という体たらくです。だから、中村にサードを守らせるときは呉念庭にレフトを守らせようと方針転換したものと思われます。

    メヒアも家族の問題で電撃退団しましたし、今年は日本人のみ(台湾人の呉はいますが)の打線で戦うしかないしょうね。

    • sakano より:

      山川穂高がしっかりと打ってくれたら中村剛也と栗山巧を併用出来るのでしょうけどね。
      中村剛也が4番を打ってる時点で中村剛也は外せないですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました