オリンピックでG.G.佐藤の悪夢が再び?

プロ野球
スポンサーリンク

日本代表で近藤健介をセンターで起用してますね。

鈴木誠也も場合によってはセンターで起用するみたいです。

基本的にレギュラーシーズンで守った事が無いポジションは守らせない方が良いです。

北京オリンピックでレギュラーシーズンではライトだったG.G.佐藤がレフトを守って致命的な失策をしたのは有名な話です。

柳田悠岐が故障で微妙なら荻野貴司とか選出すべきでした。

荻野貴司ならセンターを守った経験も有るでしょうし、ライトも経験が有るでしょう。

昔はショートもやってました。

近藤健介のセンター起用はあまりにもね。

そもそも栗原陵矢が居るのに近藤健介は必要だったのか?という疑問も有りますけどね。

古巣の北海道日本ハムファイターズに気を遣ったのでしょうか?

 

源田壮亮に複数ポジションを守らせるみたいですけどもセカンドだけにして欲しいです。

サードは打球の種類と守り方が違いますからね。

故障とかされたら困ります。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    各球団の事情や本人の参加意思の有無もあり、現状のメンバーになった物と思いますが、選出メンバーのバランスが良くないと思います。外野手についてはセンターが柳田悠岐選手しかいないのがそもそも駄目です。近藤ではなく、外野ならどこでも守れる荻野貴司選手、または、阪神・近本光司選手を選出すべきでした。

    内野手についても、源田に普段守っていないサードを任せるくらいなら招集しないでもらいたいです。外崎の復帰の目処が立っていなかったので、源田にお役目が回ってきたのでしょうが、そういうのは勘弁して欲しいです。村上のサードは十分に信頼できます。村上のサードが信頼できないなら、巨人・岡本和真を選出すればいいでしょう。村上のサードのバックアップを期待するならDeNA・宮崎敏郎選手もいますから選出すれば良いと思います。浅村選手についてはセカンド、ファースト共にゴールデングラブを獲っているので良いと思いますが。

    今日の強化試合の先発オーダーの組み方もお試しとはいえ首を捻ってしまう物でした。現在のメンバーなら栗原をセンターにした方が良いと思います。個人的にはセカンド菊池、ショート源田で二遊間を組ませたいです。現状のメンバーなら

    1番セカンド菊池
    2番ショート坂本
    3番レフト吉田正尚
    4番ライト鈴木誠也
    5番サード村上
    6番DH山田
    7番ファースト浅村
    8番センター栗原
    9番キャッチャー甲斐
    といった打順を組みます。

    • sakano より:

      今回の日本代表はどんな野球がしたいのか良く分からないです。

      • YOSHIKI より:

        前回の国際試合のメンバーに拘りすぎて現時点のベストメンバーとは言いがたい陣容になってしまっています。故障上がりの選手が多いのも不安要素です。WBCはプロで行くにせよ、オリンピックはアマチュアメンバーで良い気がします。+αでプロ選手希望者という形が良い気がします。次回以降また、野球はなくなりますが・・・

        • sakano より:

          今回の東京オリンピックは久々に野球が種目で復活したので絶対に勝ちたいのでしょう。
          だからプロだったのかなぁと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました