最近のM.ダーモディは良い

二軍
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

M.ダーモディが二軍で登板してますけども良くなってます。

一番の問題だったストレートで抑えられるようになってますからね。

ただ相手は二軍の選手です。

一軍の主力クラスを抑えてからですよね。

「プロ野球エキシビションマッチ」に帯同させてセ・リーグの主力選手と対戦した結果が見たいですよね。

あとは連投のテストです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    ダーモディは投げている球自体は悪くないですが、常に自分の投げたいボールを優先して打たれています。森のサインに首を振ってばかりです。森も野田コーチやスコアラーと打ち合わせしてやっているわけですからもう少しキャッチャーを信用して欲しいです。

    • sakano より:

      首を振るのは平良海馬も同じですからね。
      特に外国人投手は打たれたら投手の責任という考えなので後悔しない為に投げたいボールを投げる傾向が有ります。
      ここは文化の違いですね。

      森友哉のサインに首を振られるという事はそれだけ森友哉を信頼出来てないという事です。
      これは投手が悪い訳では無く、そのように思わせてる森友哉が悪いです。
      ランナーが居る場面で後ろに逸らすと思われてるから低めの変化球を投げたく無いとか、ワンバウンドしたく無いから変化球の高さが打ち頃の所に投げてしまうとか有りますからね。

      あとは首を振るのを投手本人意思では無い時も有ります。
      球種が少ない投手は首を振るサインが有るらしいです。
      打者との駆け引きの為ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました