木村大成 投手 (北海高等学校)

2021年ドラフト候補・高校生投手
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

選手情報

ポジション・投手

身長/体重・180cm/79kg

投/打・左投げ/左打ち

出身・北海道北広島市

最速・150キロ

球種・スライダー、カーブ、チェンジアップ

動画

感想

スライダーのキレが良い左投手です。

ストレートとは最速で150キロです。

テイクバックが柔らかいですね。

スライダーは高校生が打てるレベルのキレでは無いです。

右打者には消えるような感じだと思います。

渡辺久信GMも視察しています。

指名順位

当初は3位くらいで指名出来るかもと思ってましたけども150キロを計測しましたからね。

150キロ左腕だと注目されちゃいます。

2位もしくは外れ1位ですかね。

北海道日本ハムファイターズが単独狙いで指名する可能性も有ります。

新しい本拠地の出身の子ですからね。

今後のピッチング次第ではライオンズも1位指名というのを考えても良いのかもです。

平均球速がどこまで伸びるかです。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    大阪桐蔭高・松浦慶斗投手が春の選抜では不調だったので、北海高・木村大成投手に掛かる期待は大きいです。春でも好投しましたし、スピードも春より付いてきています。順調に成長軌道に乗ったと言えるでしょう。甲子園での活躍を期待したい部分ともう目立たないでくれという気持ちが相半ばです。とは言っても、選抜の活躍に加えて、今大会も活躍しているので手遅れですね。甲子園出場および、上位進出の原動力となると、2位以内の指名は堅くなるでしょう。大学生左投手の1位候補が筑波大・佐藤隼輔投手、西日本工業大・隅田知一郎投手くらいなので、今後の活躍次第で1位指名が見えてきます。東海大相模高・石田隼都投手は実戦派投手ではありますが、春ほど球速が伸びていない(夏は長丁場なのでセーブしているのかも知れませんが)のでプロ側がどう評価するかですね。

    日本ハムも欲しい選手でしょうが、西武以上に先発不足ですから、木村をどれくらいの順位にするのかですね。日本ハムは甲子園スター路線が失敗し、キャッチャー、ショートと言ったセンターラインが脆弱なので、上位指名は即戦力ピッチャー、キャッチャー、ショートで占める気がしています。例えば、1位廣畑敦也投手(三菱自動車倉敷オーシャンズ)、2位古賀悠斗捕手(中央大)、3位水野達稀内野手(JR四国)といった指名を私が日本ハムのGMだったらすると思います。

    木村大成はプロ志望したら争奪戦は間違いなさそうですね。

    • sakano より:

      大学生、社会人の2位以下で指名出来そうな左投手があまり居ないのが困った所です。

      北海道日本ハムファイターズは2023年に優勝出来る様に戦力を整えるかもです。

      松浦慶斗投手が今のままなら下位で指名も可能なのでそれはそれで良いのかなぁと思います。
      少しは良い所を見せて欲しいですけどね。

      懸念しているのは潮崎哲也編成ディレクター枠です。
      上位で潮崎哲也編成ディレクター枠を使うとなると厳しいです。
      潮崎哲也編成ディレクターが誰を欲しがってるのかは分かりませんけどね。

      渡辺久信GMも川越誠司や中塚駿太など何で2位で指名?というのも有りますけどね。

  2. YOSHIKI より:

    2015年2位の川越誠司は外野手としては評価の高い選手でした。投手としては150km/hのストレートを投げる強肩でしたが故障も多く、実績も乏しかった選手です。投手として指名し数年を無駄にしてしまったことが残念です。同じ事は木村文紀にも言えますが。左投手なら加藤貴之投手(2015年日本ハム2位)を指名して欲しかったです。タイトルを伺う活躍はしていませんが、中継ぎ、谷間の先発として一定の活躍はしていますから。

    2016年は富士大・小野泰己(2016年阪神2位)、新潟医療福祉大・笠原祥太郎(2016年中日4位)のどちらかを獲って欲しかったですね。ただ、この二人も故障や不振で多少なりとも活躍したのは1年くらいで、後は一軍に帯同していたくらいですね。中塚は4年秋に覚醒し、評価が上がった選手でしたが、2位は持ち上げ過ぎましたかね。

    潮崎編成部ディレクター担当とされる指名選手は伊藤翔(2017年3位)、粟津凱士(2018年4位)、松岡洸希(2019年3位)、佐々木健(2020年2位)と現状では微妙な選手が多いですね。ドラフトの成否は基本的に5年後の状態で判断すべきですが、伊藤翔は苦しい立場になってきていますね。粟津はトミー・ジョン手術を受けたので来季は育成選手に変わると思います。松岡は最近二軍での登板の話を聞きませんが、彼もまだ、二軍での実戦経験が必要ですね。

    潮崎編成部ディレクターの視察情報としては、昌平高・吉野創士外野手の件があります。この時はメディア取材は受けていないのかコメントはありませんでしたが、潮崎氏だけでなく複数のスカウトを連れての視察だったそうです。クロスチェックが入ったのかも知れません。私が今年野手で一番欲しいのはこの吉野創士外野手です。高校通算56本塁打、遠投110m、50m走6秒3のいわゆる5ツールプレーヤーです。西武の外野手の各指標は軒並み低く外野手が弱点であるのは明白です。将来の3番センターとして吉野選手を獲得して欲しいですね。

    西武の外野手は一見飽和状態に見えますが、栗山巧、秋山翔吾以後の不動のレギュラーが育っていません。それが、各種指標の悪さに出ています。金子侑司、木村文紀は既に30代ですし、次世代レギュラーではありません。熊代もやはり30代ですが、内外野どこでも守れるユーティリティープレーヤーであって次世代レギュラーではありません。愛斗が今年一軍定着したのでG.G佐藤くらいの活躍を今後もしてくれることを願います。ライトは愛斗で固定するとして、肝心要のセンターがいません。若林が定着しかけましたがリセットです。ポスト秋山翔吾として攻守共に中心になれる選手として吉野創士に期待したいです。2位指名を想定していますが、去年の元謙太選手の評価を見ても、身体能力の高い右打ちの強打者は評価が高騰するので、現状でも外れ1位クラスのような気がします。高校生右投手に強い関心が集まっているので、確実に獲るなら単独1位指名になるかも知れません。

    • sakano より:

      吉野創士外野手の指名は無理です。
      上位で外野手の指名は今年は無理です。

      外野手の次世代が育ってないと書かれてますが若林楽人、愛斗、高木渉、鈴木将平、西川愛也、ジョセフ、仲三河優太と25歳以下の外野手は居ます。
      吉野創士外野手を指名したとしても3年は必要です。
      外野は来年何とかしたいので欲しいのは高校生では無いと思います。
      外野手を指名するなら大学生だと思います。
      川越誠司や岸潤一郎が居る事を考えると外野手の指名はそこまで必要だとは感じません。
      それに山村崇嘉も外野に回ると思います。

      野手の育成は基本的に時間が掛かります。
      一軍で使えるようになって一軍で経験を積ませなければなりません。
      その経験を積ませる作業を辻発彦監督はやらないですよね。
      秋山翔吾だって最初から打てた訳では無いです。
      我慢して起用し続けた結果です。
      若林楽人のように突然変異ような感じで出てこない限りは今年までは無理だと思います。

      • YOSHIKI より:

        現在のメンバーなら川越誠司をセンターにするのが良いと思います。投手出身で強肩ですし、決して守備も悪くありません。野手転向が遅れたのが悔やまれますが、ヤクルト・高井雄平選手のようになってくれたらと考えています。金子侑司もスパンジェンバーグももう良いです。川越はホームランか三振かの打撃が嫌われているのでしょうが、金子侑司も腰が引けた三振や凡打を繰り返しているだけです。川越の方がはるかに期待できます。

        さて、岸潤一郎が今オフに25才ですから大卒3年目の年代、鈴木将平が今井と同級生ですから、大卒1年目の年代です。この状況で今年大卒外野手を獲るのかは疑問です。ただ、秋山翔吾が大卒外野手だったことを考えると外野の要となるセンターについては、外野手専任の選手を獲っても良い気がします。候補としては明治大・丸山和郁選手、神奈川大・梶原昂希選手の2人を個人的に考えています。

        5年後の外野陣を考えると、栗山選手は2000本安打を達成して引退しているでしょう。木村文紀、金子侑司もいないでしょう。川越選手がセンターに定着していたとしても33才です。ライトの愛斗は29才です。若林が復帰してレフトに定着していても28才ですから、次世代の主力台頭が望まれます。髙木渉、西川がレフトのレギュラーを奪えるかどうかですね。守備の不安を考えれば、髙木渉がファーストに回っている可能性もあります。山村については、内野手で育てることを前提にショートを現在やらせているので、駄目だった場合もサード、セカンド、ファーストのいずれかになると思います。渡部のサードと比較して、どこを守らせるかを決めていくことになると思います。渡部に加えてファースト兼ピッチャーの山村を指名したので、将来的な山川のFA移籍はある程度見越している気もします。

        2022年、2023年に現在の主力のFA移籍の可能性があり、去年の野手偏重ドラフトは、元々控え野手の層が薄いことに加えて2023年問題を見越しての物だと考えています。FA慰留の優先は源田、外崎、森の順番だと考えています。個人的に山川の優先順位が一番低いです。渡部、山村、髙木渉の3人でポスト山川穂高は何とかなると考えています。外野は栗山以外に3年以上安定した実績を残した選手がおらず、外野手はよく言えば群雄割拠、悪く言えば帯に短し襷に流しで決め手に欠けます。外野の3ポジションは栗山以外レギュラーで無いとも言えます。何とかライトの愛斗だけでも今年一年乗り切って欲しいです。

        私はフルスイングを通り越してオーバースイングになっている長距離打者をあまり好みません。もちろん、強く振ることはプロの力とキレのある球をはじき返すのに大切ですが、それだけでは安定した成績は残せません。吉野創士選手は186cm、80kgの細身の選手です。それにもかかわらず、しかもコロナ禍で試合数が少ない中で高校通算56本塁打を放っています。動画をご覧になられれば分かると思いますが、吉野選手はボールにバットを当てる角度が絶妙でバックスピンを掛けて打球を飛ばしています。筋力トレーニングと金属バットの反発力に依存した打ち方ではありません。これは中村剛也選手と同じ理論の打ち方です。一見フルスイングしているように見えないのにボールが飛ぶのは技術的にボールを飛ばしている証拠です。楽天に移籍した浅村選手もボールに対してバットを当てる角度を上手くすることで30本塁打以上を打てるようになりました。マン振り(オーバースイング)タイプの選手ではなく、コンパクトなフルスイングが出来る吉野創士選手が欲しいと言うのが私の現在の気持ちです。ましてや守備走塁、強肩にも自信を持っている選手なら尚更です。

        吉野選手は千葉県浦安市出身ですが、埼玉県の昌平高校出身で地縁もあります。群雄割拠状態なら大物外野手を入れて化学反応を起こすのも良いと考えています。

        • sakano より:

          吉野創士選手は良い選手です。
          力が無いとは思ってません。
          問題は指名の順位です。
          どう考えても下位指名では無理です。
          上位指名だと岡田雅利や森友哉のFA関連で捕手を優先で指名しなければなりませんし、投手は絶対に足りないので2人は上位で欲しいです。
          吉野創士選手は指名したい順位で残ってない可能性が高いですよね。

          可能性が有るとしたら森友哉と複数年契約が成立したら2位指名で捕手を指名する必要が無くなる時です。
          破格の契約を提示しなければ森友哉は残らないでしょうけどね。
          今年は岡田雅利、来年は森友哉と捕手のFAが重なってしまってるのがね。
          来年の大学生捕手は有望な捕手が今の所は居ないというのも影響します。

          去年のドラフトで捕手を指名しなかった編成のミスだと思います。

  3. YOSHIKI より:

    岡田雅利捕手を慰留するのが大前提ですが、捕手を獲るにせよ、誰を獲るかが問題です。大学生捕手を獲る場合、3位以内に入ってくる可能性の高い選手は中央大・古賀悠斗選手、関西大・久保田拓真選手の2人でしょう。早稲田大・岩本久重捕手は実績的にもう一つの部分はあります。2019年に慶應義塾大・郡司裕也捕手(現・中日)が東京六大学の三冠王を直前に獲得しながらこの順位ですから、実績的にも劣る岩本選手が3位以内に入ってくるとは考えづらいです。国学院大・福永奨選手も基本は守備型捕手なので4位以下と考えています。東京農業大オホーツクキャンパス・古間木大登選手は強肩強打の捕手ですが地方リーグの選手で実績も乏しいので、ブランドンと同じように6位前後と見ています。ドラフト2位以内でキャッチャーを獲る考えで無ければ十分に補強は出来ると思います。

    • sakano より:

      今年は千葉ロッテマリーンズや阪神タイガースなど捕手を指名する球団が多いと思うので捕手の評価は例年よりも高めになると予想してます。
      各球団の事情で選手の需要は変わりますからね。

      渡辺久信GMが森友哉を残留させる自信が有るなら2位指名で外野手を指名しても良いと思います。
      ドラフト前に森友哉と交渉がまとまれば捕手は下位だけで十分です。

      • YOSHIKI より:

        千葉ロッテについては、正捕手の田村と控えの柿沼との間に力の差がありますよね。佐藤都志也は打撃が魅力ですが、キャッチングと地肩は強いもののスローイングに難があります。ただ、高校生捕手、大学生捕手どちらも可能性があります。

        阪神が捕手を獲るかはそれこそ梅野の去就次第でしょうね。梅野が残留なら県岐阜商業高・髙木翔斗辺りを指名するでしょう。梅野が移籍なら大卒捕手を獲るかも知れません。ただ、大卒捕手は去年立命館大から榮枝裕貴を獲ったばかりですから、坂本誠志郎捕手で凌いで次世代高校生捕手につなぐのが良い気もします。

        他の9球団を見てみると、
        楽天も太田光が打撃が非力すぎて正捕手の座を奪えずにいます。捕手を上位指名したいところですが、森友哉を引き抜くために、炭谷を無償トレードで獲得したと思うので今回は上位指名は見送る気がします。

        日本ハムに到っては清水も宇佐美もぱっとせず、石川に加えて、鶴岡選手兼任コーチがマスクを被るくらいですから、日本ハムは2位以内で大卒捕手、具体的には中央大・古賀悠斗選手を指名すると思います。下位で高卒捕手も獲るかも知れませんが、上位は大学生捕手になると思います。

        オリックスについても伏見が正捕手ですが、31才ですし怪我も多いタイプです。若手については、頓宮は打撃は良いですが守備に対する評価が低いです。若月は守備の評価は高いですが、打力不足が際立ち正捕手を奪えずにいます。支配下登録の捕手が高卒新人の中川拓真を入れても5人しかいないので補強ポイントだと思います。最低でも大卒捕手を2位以内で獲ってくると見ています。具体的には関西大・久保田拓真捕手が有力と見ています。

        ソフトバンクは不動の正捕手・甲斐に加えて、外野を兼務している栗原、谷川原、捕手専任でも九鬼と海野、高卒新人の牧原巧汰もいるので、上位で捕手を獲得する事は無い気がします。

        広島は正捕手會澤翼に加えて、坂倉奨吾、石原貴規、中村奨成の3人を抱える捕手王国ですから、捕手の上位指名は無いでしょう。

        中日も正捕手・木下拓也に加えて、桂、郡司、石橋の3人を抱えているので、捕手上位指名の確率は低い気がします。もし上位で獲るなら、県岐阜商業高・髙木翔斗を地元枠で獲るくらいでしょう。

        ヤクルトは、正捕手・中村が安定し、古賀優大も伸びてきていますし、二軍には高卒新人の内山壮真も活躍していますから、捕手の上位指名は無いでしょう。

        DeNAは7名の支配下捕手がいますが、移籍組で32才の伊東光が正捕手ですから、大学生捕手の上位指名がありそうです。具体的には中央大・古賀悠斗選手が有力と見ています。日本ハムとどちらが古賀を獲れるかといった感じではないでしょうか。

        巨人は炭谷を放出しても、大城、小林、岸田と一軍レベルが3人いますし、二軍も大卒ルーキー萩原哲、星稜高出身・山瀬慎之助の2人がいます。あとは育成捕手が3名なので、即戦力よりは将来性のある市立和歌山商業高・松川虎生、県立岐阜商業高・髙木翔斗の2名のどちらかを上位指名で獲るのではないでしょうか?

        西武が捕手を獲ると言っても、大学生捕手を狙うか、高校生捕手を狙うか、上位指名(3位以上)を使うか、下位指名(4位以下)を使うかで大部ドラフト戦略は変わってくると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました