前半戦まとめ【野手編】

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

前半戦の野手は故障者が多かったです。

栗山巧、山川穂高、外崎修汰、木村文紀、山野辺翔、若林楽人ですね。

源田壮亮が新型コロナウイルスに感染で木村文紀が濃厚接触者で隔離です。

山川穂高は復帰後も不振ですし、若林楽人は今年は絶望ですからね。

 

C.スパンジェンバーグとE.メヒアは出遅れでしたけども不振でしたね。

C.スパンジェンバーグが打てないのはちょっと誤算でしたね。

 

故障者が多かったですけども怪我の功名というか出て来た選手も居ます。

山川穂高が故障したら呉念庭が出て来ました。

山川穂高復帰後はセカンドで外崎修汰の穴を埋めました。

木村文紀が故障したら愛斗が出て来ました。

 

栗山巧と中村剛也が頑張ってますね。

故障者が多く出たという事も有りますけども出続けてます。

 

課題もまだ有ります。

センターがまだ固定出来てないです。

若林楽人で固定かなぁと思ったら故障でしたからね。

あとは山川穂高の復活です。

本塁打のペース自体は悪くないですけども得点圏での打撃ですね。

コメント 「メール」と「サイト」の入力は不要

  1. YOSHIKI より:

    秋山翔吾選手がメジャー移籍し、センターが固定できていないのがチームに不安定さをもたらしています。若林の台頭がポスト秋山翔吾問題を解決するかと思いきや、1番打者は骨折から復帰した外崎または源田で埋めるのが適切です。センターについては若手から抜擢するしかありません。若林選手の復帰が来年5月ということを考えれば代役では無く、現有勢力でレギュラーを抜擢するしかないでしょう。もちろん若林選手が完全復活したら、センターのレギュラー最有力であることは言うまでもありません。年齢的に若手とは言いがたいですが、川越選手に期待したい所です。岸、鈴木将平にも期待したいです。ライトの愛斗と合わせてセンターが固定できれば、チームが安定します。レフトは栗山を軸に、栗山を休ませるタイミングで高木渉や西川愛也を抜擢して欲しいですね。後半戦の反撃攻勢を仕掛けるのにやってはいけないのは、スパンジェンバーグと金子侑司に固執することです。この2人に伸び代はありません。金子侑司は代走と守備要員で十分です。木村文紀は左キラーとしての起用にすべきです。

    内野はキャッチャー森と合わせてファースト山川、セカンド外崎、サード呉、ショート源田で固定すべきです。このメンバーを外すのは疲労や違和感など軽度の怪我のみです。もちろん大量点差が付いたときも適宜休ませるべきです。サードにはブランドン、ファーストに呉、セカンド、ショートは山田遥、熊代といったメンバーを使えば良いでしょう。

    後半戦はタイミングを見計らって渡部の抜擢も考えて欲しいです。もちろん、上でベンチに置いておいても仕方ないので山川、中村を10日単位で休ませなければいけない状況になったらの話です。シーズン中の外国人補強に期待できない以上、育てながら勝つ事を実践するしかありません。

    山村、川野はまだ育成期間ですが、渡部については状況次第で抜擢すべきです。

    • sakano より:

      センターは川越誠司や岸潤一郎を併用しながら起用して良い方が定着すれば良いと思います。
      川越誠司が駄目だったら鈴木将平とかも試してね。
      何事も競争です。
      秋山翔吾が移籍した時になぜ競争もせずに金子侑司にセンターのレギュラーを与えたのかが分かりません。

      栗山巧は今は無理にレフトを守らせているので2000本安打を達成したら中村剛也と指名打者で併用で良いと思います。
      その為には山川穂高が4番を打たなければなりませんけどね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました